スマホ・パソコンでお家から無料相談!オンライン相談受付中!

医療事務さんのよくあるお悩み解消法!

よく病院の受付で窓口に座っている女性のよくあるお悩みについて書いていきます。

長時間パソコンの画面を見ながらのお仕事をしたり、来院患者さんの対応をしたり大変なお仕事ですよね!

その医療事務をされているよくあるお悩みにオススメのツボもご紹介いたします。

目次

肩の痛みや頭痛が多いです

長時間のデスクワークになると気になるのが肩こりが上げられます。

肩こりが酷くなると何をしても肩が重だるく、常に肩に重りが乗っているようにしんどくなり背中もしんどくなってきます。特に背中の骨と肩甲骨の間に痛みやダルさが出てきて気分が悪くなってきます。

私もデスクワークが長時間続くとしんどくなってきてどうしよう?と悩んでしまう事もあります。ひどくなると頭痛や目の疲れも出てきて、せっかく仕事しているのに集中力が続かなくなってきてしまいます。

そうならない為に、日々のケアを心がけることが大切です。

30分に1回はストレッチ体操、腕を伸ばしてしっかり背中の筋肉を伸ばすように手を思いっきりバンザイしたり身体を丸めて特に背中が丸くなっている事が多いので胸を張って思いっきり深呼吸をするのもオススメです!

椅子から立ち上がってトイレに行くだけでも身体を動かすことになりますから長時間椅子に座っているとしんどくなりますから何か身体を動かすようにするのがオススメです。

肘関節から手関節の痛み

長時間のパソコン作業が月の終わりと始めに事務作業が多くなり本当にしんどくなります。

パソコンデスクで作業をすると肘を90度曲げて前腕を机において手首を上げ下げして、指でキーボードを押したり、マウスを操作したりして肘から手首、指までの一連の動作がしんどくなってきます。初めはいいんですが、2時間~3時間も続くと集中力が続かなくなってきて、よく違う所を押してしまいます。(私がよくやってしまいます)

激痛では無いですが、慢性的に同じ動きをするために徐々に腕がだるくなり、ダルさを我慢しながら作業をしていると手首の腱鞘炎になる恐れがありますので、腕がだるくなり長時間そのままにしながら続けていると腱鞘炎の原因にもなります。

手首についてもやはり30分に1回はストレッチをするだけでも腕の筋肉が伸ばされて肘から手首、指にかけてのダルさも軽減します。

医療事務さんにオススメする仕事疲れ解消できるツボのご紹介!

肩井

乳頭から真上に上がり肩の一番高いところにあります。

天柱

後頚部にあり、頭板状筋にあります。後頚部の中心から指1本分くらい外にあります。

風池

後頚部にあり天柱穴より外側にあります。

完骨

乳様突起中央の後方で、髪際を4分入ったところの陥凹部にあります。

手三里

肘から手首に向かい指3本下がった所にあり、肘の外側にあります

 合谷

第1指と第2指の間の陥凹部、第2指よりにとります。

よかったらシェアしてください
目次
閉じる