スマホ・パソコンでお家から無料相談!オンライン相談受付中!

寒暖差によるカラダの不調にオススメのツボ!

2021年も3月になりましたが、ブログをご覧のあなたはいかがお過ごしですか?

いよいよ冬が終わりに近づき段々と暖かくなってきましたね!

しかし、昼間は暖かくても朝と晩は気温が下がり3月といっても

まだまだ寒い日が続きます。

冬から春にかけての季節の変わり目には身体の不調が起こりやすく

体調を崩してしまう事がよくあります。

その特に鍼やお灸の施術で自然治癒力を向上させて元気を取り戻しませんか?

目次

自分自身の力を信じて元気を取り戻しましょう!

東洋医学の得意としている目に見えない不定愁訴を取り除き以前のように

元気を取り戻すことが注目されるようになってきています。

薬を飲んで身体の症状を軽減させることが決して悪いことではなく、本当に素晴らしく

薬の力は本当に凄いのはあなたも理解していますよね?

しかし、処方された薬を先生の指示に従って飲んでいるのにもかかわらず

あと一歩良くならないこともあります。

そんな時に、西洋・東洋医学の2つを使い健康を取り戻すこと

も考えてみてはいかがでしょうか?

気・血・水の流れを整える!

2021年3月になりましたが、1年以上前から新型コロナウイルスに対してまだまだ

大変な事があります。

基本的に手洗い・うがい・手指のアルコール消毒・体温測定などをしていますが

お灸や鍼の施術で自分自身の「気・血・水」の流れを整えると、さらに身体の不調を

良くさせ元気な身体を取り戻す事が出来ます。

最近は、ドラックストアなどで自宅でもできる「お灸」も販売されています。

使い方は簡単で、台座のシールを剥がして、お灸の先にライターで火をつけて身体のツボに

お灸を貼り付けるだけです。

熱さの度合いが弱いものから強いものまで沢山の種類がありますのでご自宅でもぜひお試し下さい!

温度差による身体の不調の改善に効果が期待出来るオススメのツボ!

オススメのツボをご紹介!!

よくあるのが、自律神経の調整が上手に出来なくて調子が悪くなります。

副交感・交換神経のアンバランスを整える事に注目してお灸や鍼の施術を進めて行きます。

・百会(ひゃくえい) 正中線上で頭にあるつぼで、両耳を結ぶ線と交わる所にとります。

太衝(たいしょう) 足の甲にあり足の親指と人差し指の間、陥凹部にとります。

足三里(あしさんり) 膝をたてて、膝のお皿下縁外側から指4本下にとります。

外関(がいかん)手首から指3本分上にとります

中脘(ちゅうかん) お腹にあり、正中線で胸のみぞおちと、おへそを結んだ真ん中にとります。

今回ご紹介しましたツボは、ほんの一部にしか過ぎません。

季節の変わり目で寒暖差について行けなくて体調を崩しやすい方はぜひお試し下さい!

お灸についてもう少し詳しく書いたページが気になる方はこちらのお灸でセルフケアしませんか?のページを
ご覧下さい。

よかったらシェアしてください
目次
閉じる