スマホ・パソコンでお家から無料相談!オンライン相談受付中!

工場勤務でのよくある疲れ解消法!

工場勤務の方によくある疲れ解消法という事で本日はこのページをご覧のあなたにご紹介させて頂きます。

工場勤務の方のお仕事では長時間同じ姿勢になり立位での流れ作業が多くなるので特に多いのが肩や腰の痛みや足のムクミ、膝の痛みなど様々です。

少しの時間であればいいですが、そんなわけにはいかず長時間になります。

立位姿勢でもイスに座って座位の姿勢を長時間そのままだと、どうしても疲れがたまります。

車の運転をイメージすると少しは理解してもらえますよね?

本日は工場勤務でのお仕事をされている方のよくあるお悩みについてのお話しをさせて頂きます。

目次

腰痛が多いです!

長時間同じ姿勢で立位になって作業するときに腰痛が多くなってきます。

工場のラインに流れてきた際に取り扱う部品がどうしても重たい物が多くなってきます、あるいは精密部品を取り扱う場合でも長時間同じ姿勢や同じ動作が続くと身体の疲れが溜まってきます。

腰痛は急に痛みが出ることは無く、慢性的に疲労が蓄積され、その痛みが大きな痛みとなって腰に出てきます!

患者さんのお話しをお聞きしても慢性的な症状を訴える方が多いのが現状で、

そうならない為に普段の仕事の前にストレッチ体操や準備体操が大切になってきます。仕事をスタートする前に

腰痛になりにくくする為には「肩甲骨の可動域」が一つのポイントです!

その理由は、背中が曲がってしまう原因の一つに肩甲骨の位置を整える事が考えられます。

背中が丸くなると頚が前にいき肩も前方に出て肩甲骨が外側にいきます、背骨と肩甲骨の間が広がってしまいます。それを防止するのは胸を張る姿勢を維持し、肘を後ろに引くようにしながら

「肩甲骨を引き寄せる!」姿勢を意識して作業に取り組むと背中が曲がってしまう姿勢を予防出来ます。

このような姿勢を維持するために、約30分に1回を目安にして、手を挙げてバンザイしたり、腕を回したりしながらストレッチをするようにすることをオススメします!

私も長時間のデスクワークをしている時は必ずと言っていいほどストレッチをしながら仕事を進めています。

長時間立位姿勢になる方は、膝を曲げたり伸ばしたりしながら30分を目安にして

ストレッチしてみて下さい!仕事の後の身体の疲れが違ってきます!

あと、トイレが近い人も多くなっています。

長時間その場にいて、作業をしているのでトイレに行きにくい状態が続いて膀胱炎になることもありませんか?

あなたがその場を離れた時にそのラインが止まってしまい、他の方に迷惑をかけてしまうためトイレに行きづらくなる。

休憩時間に行ってその後に作業していても作業中にお腹を壊すこともありますよね?

そんな時にトイレに行けず、便秘や下痢を引き起こしてしまう恐れがあります。

また尿を我慢して適切にトイレに行けずに、長時間我慢していると膀胱炎にもなりかねません。

仕事に取り組む前にトイレに行くことをお忘れなく。

頚から肩や腕の痛み

長時間続く作業のため頚から肩や腕にも疲労が溜まってきて肩が凝ってきます。

痛みや身体のダルさが酷くなってくると、目の疲れも出てきて目がぼやけてきて作業にも支障をきたす恐れがありますので、肩こりを簡単に考えるのではなく改めて予防についても取り組む事も大切になってきます。

肩こりが改善されてきたら自ずと腕の痛みも解消していきますので、頚から肩の痛みやダルさの予防が

長くお仕事を続ける上でこれからのキーワードになっていく事になります。

対策は日々の体操や運動習慣を心がけることで徐々に疲れが軽減していきます。

無理に運動をすることはありません!

まずは出来る範囲で始めて下さい。

通勤途中のエスカレーターやエレベーター、階段を使うようにしたり、最寄り駅の一つ手前で降りて歩いてみたり、

普段車通勤ですが、思い切って自転車通勤にしてみたり等・・・・・・?

何か出来そうな運動習慣を見つけてやってみる事をオススメします。

時間があるときは私も最寄り駅より手前で電車を降りて歩くようにすると、それだけでも気分が違いますのでやる価値は充分ありますよ!

仕事前にしっかりストレッチ体操は欠かせません、少し汗ばむくらいにやった方が筋肉も働きますし、

肩こりの予防になります、特にラジオ体操がオススメです!

昔からある体操なので、一番理にかなっている体操です。

手足を同時に動かし体全体を動かす体操は本当に最適です、子供の頃を思い出し是非やってみて下さい!

もう1つ重要なのは、睡眠時間を確保することも大切です!

体操や運動も大切ですが、睡眠時間も大切になります。

しっかり睡眠をとり、翌日に疲れを残さないようにしてスッキリして気持ちよく

仕事に取り組まないと仕事へのモチベーションも保てません。

寝不足の状態で仕事をしてしまう手につかなくなります、時には重大なミスをしてしまい

周りに大変な迷惑をかけてしまいかねません!

自分自身の健康管理に食事や運動も大切なのは理解出来ますが、睡眠時間をしっかり確保して

疲れを残さずバリバリ仕事をしていきましょう!

睡眠時間の目安は、7~8時間だと言われています。夜11時に寝て翌朝6時か7時くらいに起きるのが理想です。

そのリズムでレム睡眠とノンレム睡眠のリズムを繰り返し朝の目覚めが気持ちよくて

朝布団から起きて1日を快適に過ごすためにも睡眠時間の確保も忘れずにして下さい!

ふくらはぎのムクミ

長時間立位姿勢での作業になりますから肩や腰の疲れもありますが、ふくらはぎのムクミも気になる方が多いです!

午前中は大丈夫なのですが夕方になってきたら、ふくらはぎのダルさが出てきます。

よく靴下のラインが下腿部の横に入ってしまいます、ある程度は仕方が無いですが

酷くなって足関節や膝が動かしにくくなってきてしまうようになるとムクミ改善の靴下や運動も取り入れてください。

長時間立位のままだと身体の水分が重力により水分が下方に行きその水分を心臓に送り返す筋肉のポンプ作用が

弱ってしまい、ふくらはぎに水分が溜まります。

ふくらはぎのムクミ改善については、鍼やお灸、スパイラルテープの施術もオススメですのです。

また、自分自身の筋肉量が増えていくと身体の水分を運ぶ筋肉のポンプ作用も働きが良くなり

ふくらはぎはもちろん、その他の部位に関しても身体の代謝が改善されふくらはぎのムクミも改善していき

日々の身体の疲れが溜まりにくい身体に変化していきます。

短期間では厳しいですが、長期間長い目で見て筋トレなど身体を鍛えることもお忘れ無く!

私がよく患者さんによく「青竹踏み」をオススメしています。

青竹踏みでしっかり足踏みすると足の裏に刺激が加わり足が心地良くなりスッキリしてきます。

特別に流行っているグッズもありますが、私は昔から現在まである物をオススメします!

それはなぜかと言いますと、最近の流行っている健康グッズでもブログをご覧のあなたにオススメする事

はありますが、やはり昔から親しまれてきた商品の方が話しをしやすいこともあります。

さらに、自分自身の身体の不調を改善していこうとしているのに流行を追っかけるのはどうなんだろうか?

と感じてしまい、そうなると昔ながらにやっていて今もある方法などを分かりやすくお伝えしています。

オススメのツボご紹介

腎兪

腰の骨の第2腰椎と第3腰椎の間から少し外側にあります。

志室 

腎兪の外側1寸5分の所にあります

大腸兪

腰の骨の第4腰椎と第5腰椎の間から少し外側にあります。

委中

膝の裏にあり膝を曲げて出来るシワの中央にとります。

肩井

乳頭から真上に上がり肩の一番高いところにあります。

天柱

後頚部にあり、頭板状筋にあります。後頚部の中心から指1本分くらい外にあります。

風池

後頚部にあり天柱穴より外側にあります。

手三里

肘から手首に向かい指3本下がった所にあり、肘の外側にあります

足三里

膝を立てて膝のお皿の外側の下縁から指4本下方の所にあります。

地機

内くるぶしより指4本分上に上がったところの三陰交よりさらに4本分上がった所にあります。

三陰交

内くるぶしより指4本分上に上がったところで、骨の際にあります。

失眠(しつみん)

かかとの真ん中にあります。不眠に対してのツボですが、女膝と組み合わせるといいです。

女膝(じょしつ)

踵の後方にあり、アキレス腱と踵の間にあります。

湧泉

足のウラにあり、足の指を曲げて最もへこんでいる所にとります。

まとめ

工場勤務の方のよくあるお悩み解消法を最後まで読んで下さりありがとうございます。

長時間立位や座位での作業は、短時間であれば疲れることはないですよね!

しかし、長時間になると集中力が維持できなくなり、中々大変なお仕事なのは

患者さんのお話しを聞きながら理解出来ました。

作業の合間にストレッチをしたり、良いタイミングをみてトイレに行くのも難し事が

ありますよね?

そのような事が出来るだけ起きないように毎日の体調管理には気をつけたいですね!

自分自身の健康・元気があるから仕事ができるのはもちろん

睡眠時間の確保・食事管理も出来る事からしっかりしながら楽しく仕事をしていきましょうね!

よかったらシェアしてください
目次
閉じる