スマホ・パソコンでお家から無料相談!オンライン相談受付中!

東洋医学的 肝・心・脾・肺・腎・五臓の働きについて解説!

本日は『東洋医学的 肝・心・脾・肺・腎・五臓の働きについて解説!』のブログを

ご覧になって頂きましてありがとうございます。

東洋医学での五臓の働きから人体にどんな症状が出てきやすいのか?

腎の働きが弱くなると、腎以外の4種類の臓器に関してどのような変化が出て

どのような身体の不調が起きてくるのかを解説していますので、長文にはなりますが

是非ご覧ください。

目次

つややかな爪の色の鍵は『肝の働き』がポイント!

東洋医学的な考えのもと、「肝・かん」についてどのような働きがあり

どのような身体の部位に関係が深いのかまとめて書かせて頂きました!

肝は「木・火・土・金・水」の5つなかで木に関係して、身体全体に

大きな役割をしています。

では一つ一つお話しさせて頂きますのでご覧下さい。

肝の作用について【疎泄・そせつ】を主る

肝は疎泄を主るとは、肝気が全身の気機を調整しそれによって精血津液の運行や脾胃の運化促進、胆汁の分泌や排拙、情志を調節するといった作用を指したものです。

 「疎・そ」とは疎通

「泄・せつ」とは発散・昇発のことです

 気機とは昇降出入の運動のことで、臓腑、経絡、器官などの活動は全て気の昇降出入の運動に依存しており

肝は気の昇降出入に対して調節作用を持っています。

肝の疎泄作用が正常であれば気機はスムーズに働き、臓腑、器官も正常に活動出来ます。

 肝の疎泄作用が低下してしまうと、気機の流れが悪くなると気機が鬱結してしまい胸部、腹部の不快感が

出てくることがあります。

2つめは肝気が上昇して盛んになりすぎて肝気が逆上することがあります。

「気がめぐれば血がめぐる」という関係がありますが、気が昇り過ぎると血も気も上逆し、吐血、喀血などがおこります。

肝は剛蔵であって昇を主り、主動性をもっているという生理的特徴を反映しています。

疎泄という言葉の意味には、「舒展・じょてん」と「通暢・つうちょう」という意味

があります。

舒展という言葉の意味は、すみずみまでいきわたらせるという意味の言葉で

もう1つ通暢という言葉の意味は、円滑でよどみないという意味の言葉で、まとめると

肝には、気や血の流れを円滑にして、さらに伸びやかにする働きがあるという意味になります。

肝の気が正常であれば、気もめぐり、精神も伸びやか、イライラもせず、胆汁の分泌もよく、脾胃の消化も助けます。

反対に肝の疏泄作用が低下すると、気が滞り、イライラして、怒りっぽくなり

脾胃の調子も崩れることがあります。

 肝の生理的特徴

血と津液の運行促進

肝気が停滞してしまうと血行障害になりやすく、瘀血を生じることもある

女性では、生理不順、などの症状が出てくることもあります

肝気の停滞については、津液の輸送にも影響があり、痰飲などの症状も出てきます

脾の運化機能の促進

脾胃の昇降が正常に働いていれば、食べ物を順調に吸収し輸送することが出来ます。

脾胃の昇降作用と肝の疏泄作用とは、重要な関係があります。

肝の疏泄機能が低下すると、脾の昇清作用と胃の降濁作用にも影響を及ぼしてしまい

ゲップ・下痢・お腹の張りなどの症状が出てくることもあります。

胆汁の分泌、排泄調節

胆と肝は連絡していて「胆汁」の分泌に重要な関係があります。

肝の疏泄作用については直接的に胆汁の分泌と排泄に影響しています。

肝の疏泄作用が正常に働くと、胆汁も正常に分泌・排泄され脾胃の運化作用を助ける

ことも出来ます。

肝気が停滞すると、口が苦い・消化不良・黄疸などの症が出てきます。

情志の調節

東洋医学的には人の情志活動は心と関係があると言われていますが、肝の疏泄作用とも

密接な関係があります。

肝の疏泄作用が正常に働いていると気機は正常に活動し、気と血のバランスがよくなり

気持ちも明るくなってきます。

肝の疏泄作用が低下すると、情志に変化が出てきて抑うつと興奮の2つの状態になります。

肝気が停滞すると、抑うつ状態になり少しの刺激を受けただけでも強い抑うつ状態になってしまい、反対に肝気が興奮し過ぎるとイライラしやすくなり、わずかな刺激でも怒りやすくなります。

この状態は、肝の疏泄作用が情志にあたえる影響でもあります。

【蔵血・ぞうけつ】を主る

蔵血とは血液を貯蔵し、血量を調節する肝の生理作用のことです。

肝の蔵血作用は人体組織の血量を調節する働きがあり

肝が血液を貯蔵・調節するという事は、人体内の各部分の生理活動が肝と結びついているということです。

肝の蔵血機能の低下してしまうと、出血や四肢のしびれなども出てきます。

女性では、肝血が不足すると月経量が少なくなり、ひどい時は閉経にもなってきます。

肝の蔵血が不足すると月経量が多くなり、出血も多くなってくることも出てきます。

 また、肝は疲労にも耐えることが出来る臓でもあり魂を蔵する機能を持っています。

肝の血が不足してしまうと、驚きおびえる、よく夢をみる、不安感、幻覚、寝言なども見られることがあります。

肝と五行の関係

五行
五臓
五腑小腸大腸膀胱
五志悲・優恐・驚
五竅
五液涎・よだれ涕・はなみず
五支乳・唇鼻・体毛
五行色体表

怒は肝の志

怒は日常的に生理活動に対して好ましくない刺激を与える感情であり、陽気を過度に

昇泄(昇発と疏泄)します。

肝は疏泄を主り陽気の昇発は肝の作用によるものであることなので、怒は肝の志とされています。

 涙は肝の液

肝は目に開竅する

涙は目から出て、目を潤し保護する働きをもっています

肝の働きが正常であれば涙の分泌は正常で目を潤す程度、外にはあふれません

異物が目の中に入った時は涙が大量に分泌し目を清潔にし異物を排除します。

肝血が不足すると量目が乾き、風があたると涙が出る。また極度の悲哀になると 涙の分泌量が増えてきます。

 体は筋に合し、華は爪にある

筋とは筋膜のことで、骨について関節に集まっています。

肝が筋を主るとは、筋膜が肝血の滋養を受けていることを指しています。

肝の血が少なくなると、筋肉への栄養が不足し、筋力低下、運動する事に対しても思うように働かなくなってきます。

爪甲とは、手足の爪のことで、爪は筋の延長線上にあるもので、爪は筋の余りである

といわれています。

肝血が充実していれば、爪は強靱で、つややかな状態

肝血が不足していれば、爪はやわらかく薄くなり、変形し、割れやすくなります。

爪に関して詳しく書いたブログページはこちらをごらんください!

肝は目に開竅する

経絡では肝経が目を通過しています。そして、視力にも肝は関係しています。

肝の機能が正常か否かは目に反映されることがあります。

肝の機能が低下すると両目が乾燥し見えなくなってしまったり、夜盲になる可能性も考えられます。

肝経に熱がある目が赤くなり痒くなったり、その他では、眩暈・めまいが出てくる可能性も考えられます。

その他の臓腑との関係

心と肝

心は血液を推動し、肝は血液量を調整し、心と肝は血に関して共に働いています。

心と肝が正常に働いていれば、血脈は充実し正常な生理機能を維持することができる。

心血が不足すると肝血も不足、肝血が不足すると心血も不足してしまう。

そうなってくると、動悸・不眠、目がかすむ・爪の発育不良などの症状が起こってきます。

心は神志を主り、肝は疏泄を主る

心と肝は精神・情志活動に大きく関係していて、精神的要因でおこる病変では

心と肝の蔵がお互いに影響し合っています

肝が旺盛になったら心も旺盛になったりして同時に起こりやすくなり、心悸・不眠

イライラ・怒りやすくなり、目の充血も起こりやすくなります。

肝と腎

肝は血を蔵し、腎は精を蔵す

肝血は腎の精の滋養を受けており、腎の精もたえず肝血による補充を受けています

このように精と血はお互いに資源となり滋養しあっている事から「精血同源」「肝腎同源」と言われています。

顔色が良いのは東洋医学的な「心」のおかげです!

東洋医学での【心】の作用について

「木・火・土・金・水」の5種類の中で「火・心」に属する心について書いていきます。

心の東洋医学的な働きについて、たくさんありますので

このブログをごらんのあなたに分かりやすくお伝えします!

枚方・交野の整骨院なら大田鍼灸接...
ページが見つかりません。 | 枚方・交野の整骨院なら大田鍼灸接骨院 【腰痛・肩こり・頭痛はお任せ】

心の主な生理作用

  • 血脈を主る
  • 神志を主る

血脈を主る

血脈は、血液が通る通路になり「心は血脈を主る」とは、血液を推動して脈中に運行させ身体各部を滋養するという心の機能を説明したものです。

この作用は心気の作用により行われていて、心気が旺盛であれば血液は上手く脈管中を運行し、血中の栄養物は臓腑・組織器官、四肢にいたるまで全身に巡るようにしてくれます。

逆に心気が弱くなった時は、血液の推動が弱くなり、顔色が悪くなり、脈が細弱になり、この状態が続くと血行障害を起こすこともあります。

これらのことから、心の病変としては、吐血・心悸などの症状がみられることがあります。

逆に心気が弱くなった時は、血液の推動が弱くなり、顔色が悪くなり、脈が細弱になり、この状態が続くと血行障害を起こすこともあります。

これらのことから、心の病変としては、吐血・心悸などの症状がみられることがあります。

心は神志を主る

心は神志を主るというのは、心に精神・意識・思惟活動(しいかつどう)を主宰する働きがあります。

広い意味での「神」とは人体の生命活動の外的なことを指していて

人体の形象および顔色・目の輝き・相手の言葉に対しての反応・身体の動きの状態

などは広い意味での「神」になります。

狭い意味での「神」というのは、精神・意識・思惟活動

心の機能が正常であれば、精神は充実し、意識や思惟もしっかりしています。

精神・意識・思惟活動の異常は心の機能失調であり

不眠・気持ちが落ち着かない・うわごとを言ったり・精神的に不安な状態になったり

あるいは、反応が弱くなったり、物忘れが多くなったりします。

「心は血脈を主る」と「心は神志を主る」という大変重要な心の働きは区別して考える事は出来なくて

血液は神志活動を担う基礎物質であります。

心に血脈を主る働きがあるから神志を主ることができて

血脈を主る働きが低下すると神志の働きも低下して、お互いの働きを補っています。

心と五行の関係

五行
五臓
五腑小腸大腸膀胱
五志悲・優恐・驚
五竅
五液涎・よだれ涕・はなみず
五支乳・唇鼻・体毛

五行色体表

汗は心の液

津液が陽気の作用を受けて汗孔からでた液体が汗になります。

汗の排泄は衛気の毛穴を開閉する機能とも関係があり、毛穴が開くと汗は出て、毛穴が閉じると汗は出ません!

発汗は心の機能を反映しますが「汗は心の液」といわれています。

したがって、汗の異常については心の機能を調整することが多いです。

喜は心の志

喜は心の志とは、心の生理機能と精神活動の「喜」との関係を表しています。

五行色体表の中で、五志という枠組みで五志は、外界の事物事象から受ける印象よりおこる情緒の変化ですが

東洋医学的には情緒の変化は五臓の生理機能により生じます。

一般的には「喜」は人体にとって良い刺激を与え、心の「血脈を主る」などの生理機能に対してプラスに作用して

この作用が過度になると心を損傷する事があります。

体は脈に合し、華は顔にある

脈とは血脈のことで、心は「脈に合す」とは、全身の血脈の機能が心に帰属しています。

華とは色彩、光沢で「華は顔にある」とは心の生理機能の状態が、顔面の色彩、光沢

の変化から分かることを説明しています。

心気が旺盛であれば、血脈が充実するため、顔面部の血色は良くなり

心気が不足すると顔色は悪くなり青紫色になることが多いです。

心は舌に開竅(かいきょう)する

舌は心の状態を反映するため、「心は舌に開竅する」といわれていて

舌は心の苗(なえ)であるとも言われています。

舌には味覚と言葉を発する2種類の働きがありますが、これらの働きは心の「血脈を主る」と「神志を主る」機能と関係があります。

これらのことから、心の機能が低下すると味覚の変化、舌のこわばりなどが出てきやすくなります。

 心包(しんぽう)について

心包は心臓の外側を包んでいる膜で、心臓を保護する作用があります。

心包は病魔が心に侵入する場合には、心包は心臓を保護する作用があると考え、
まず心包が病むことになります。

その他の臓腑の関係

心と腎

心は血を主り、腎は精を蔵す

血と精は、お互いに滋養しあっておりどちらかの不足を補いあうようになっています。

心は神を蔵し、腎精は髄を生じ脳は精髄で組成されていることから腎精や心血が不足

すると、不眠・健忘といった神志方面の症状があらわれます。

心と小腸

心の経脈は心に帰属すると同時に、小腸にも連絡して

心と小腸は、経脈の相互連絡を通じて表裏関係を構成しています。

心の陽気が温煦を受けると小腸の働きが正常にはたらき、小腸で吸収された水穀の

精微の一部が脾気の昇清作用により心に送られ、心で血に変化します。

心経の熱が小腸に影響したときは、小便が短く赤く、排尿時に灼熱感があります。

小腸の熱が経脈を通じて心にいたると、舌に変化がみられ、赤くただれるようになります。

お肌の良い状態が東洋医学的に関係している「脾」の働きについて

脾の主な生理作用

運化を主る

 運化とは水穀(飲食物)を精微と化し、全身に拡散する生理作用のことです。

水穀の運化水液の運化の2種類あります。

水穀の運化

食べ物を消化吸収する作用のことです。

食べ物の消化吸収は胃・小腸との共同作業により行われ

胃と小腸の消化吸収は、脾の運化機能に依存しており、それにより飲食物を水穀の精微に変化させることができます。

脾の輸布と散精により、水穀の精微は全身に送られ、脾の運化機能が正常であれば、全身に栄養を送ることが出来て

正常な生理活動が出来ます。

脾の運化機能が異常をきたすと、食欲不振、倦怠感、体重の減少、気血生化不足になる事があり

脾胃は後天の本、気血生化の源といわれています。

水液の運化

吸収された水穀の精微に含まれる余った水分はこの働きにより、吸収した水液は肺と腎に送られ

肺と腎の気化作用により汗・尿となり体外に排泄されます。

この働きが正常であれば、水液は体内に停滞する事無く正常に働き

異常がきたすと体の中に水液が溜まり、水腫がみられることがあります。

 昇清を主る

昇というのは、上昇する意味で、清とは食べ物などの栄養物質のことです。

昇清とは食べ物の精微、栄養物質を吸収し、心・肺・顔面へ上り、心・肺で気血を化生し

栄養物質を全身に送る事を言います。

脾の働きが正常な状態であると脾気の上昇が内臓の下垂を防止していて

この脾の性質から、「脾は昇をもって健とする」といわれています。

脾気が低下してしまうと、食べ物が正常に運化せず

精神疲労、無気力、めまい、内臓下垂、全身倦怠感(ぜんしんけんたいかん)

無力、慢性の下痢などになりやすくなり、脾気がさらに低下してしまうと、内臓の下垂も起きやすくなってきます。

また、昇と降は臓腑の気機の相反する働きで、脾の昇清と胃の降濁は対をなしています。

統血を主る

 統血とは血が脈中をいきわたるように導き、血が脈外にあふれ出て行くのを防ぐ働きのことです。脾の統血作用が低下して、固摂作用が低下して出血しやすくなり、血便・血尿・などが起こり、脾の統血機能の失調のためおこります。

脾は肌肉を主る

脾は、営気を身体のすみずみにまで巡らせ、とくに肌肉にいきわたらせて、これに張りを与えます。

脾は営を蔵し、後天の本となる

脾は、胃と一体になって働き、飲食物の消化や吸収を主り、後天の精を取り出し

これらを肺へ送り、気・血・津液に変化して全身に送り出します。

脾の働きによって全身に送られる栄養物は、営気が蔵され運行を主る

営気が血と共に脈中を巡ることで、血が脈外にあふれることを防ぎ、全身に栄養を与える活力になります。

脾の働きが低下してしまうと、腹痛、下痢、消化吸収異常、元気がない、倦怠感、出血しやすいなどの症状があらわれます。

脾と五行の関係

五行
五臓
五腑小腸大腸膀胱
五志悲・優恐・驚
五竅
五液涎・よだれ涕・はなみず
五支乳・唇鼻・体毛
五季土用
五行色体表

五行色体表のなかで五季という所で『土用』という項目があるんですが、これは夏の暑い時期によく食べる

美味しい食べ物にとても深く関係しています!!

気になる方はこちらのページもご覧下さい!

思は脾の志

思とは思考のことであり精神・意識・思惟活動の1つであります。

正常に思考するときは脾に影響をあたえないですが、思考が行き過ぎた時は、思ったことが実現出来ないと

ストレスを受けやすくなります。

脾の運化機能の低下は思に悪影響を及ぼしストレスが溜まってくると、脾の昇清、胃の降濁が上手く行えなくなり

さらに食欲不振、お腹の張り、めまいなどの症状も出てくることがあります。

涎(えん・よだれ)は脾の液

牛のよだれ

涎とは唾液中の清い液のことで、涎は口を潤し、保護する働きもあり、食事をとると涎が分泌し嚥下と消化を助けます。

脾の働きが正常であれば、涎液は口に上行して口の外に出ませんが、脾と胃の働きが低下したら

唾液の分泌が急激に増えて、口から涎があふれ出るようになってきます。

このことから、涎は脾の液と言われています。

 体は肌肉に合し四肢を主る

脾胃は気血生化の源であります。

体の肌肉が健康であるか否かは、脾の運化機能と関係があり、それに障害があると肌肉がやせ

軟弱で無力となることもあります。

 四肢も脾の運化機能により生成された水穀の精微・津液の栄養を必要としておりそれにより正常な生理活動を

維持しています。

脾の運化機能が低下すると、四肢の栄養が不足すると倦怠感、無力感、四肢の萎縮も起こってきます。

 口に開竅、華は唇にある

脾は口に開竅するとは、味覚と脾の密接な関係をいったもので、味覚は脾の運化機能と関係があります。

味覚は脾の運化機能と密接な関係があり、脾の運化機能が正常であれば食欲は増進します。

脾が正常な運化が出来なくなると、口淡で無味、口が甘い、口がねっとりする、口が苦い

などの口味の異常があらわれ食欲に影響します。

 口唇の色や光沢は全身の気血の充実度と関係があることから、脾は気血生化の源であり

口唇の色沢が赤く潤っているかどうかにより全身の状況がわかります、口唇は脾の運化機能の状態も反映しています。

その他の臓器の関係

脾と腎についてのお互いの働きについてお話ししていきます。

脾と腎

脾は後天の本であり腎は先天の本である

脾には水穀の精微を運化する機能がありますが、この働きは腎の働きの助けをしてもらい

はじめて円滑に行われます。

腎の気は脾から得られる水穀の精微を絶えず補充することで満たされていて

脾と腎とはお互いに助け合いながら働いています。

脾と腎の気が低下するとお互いに影響しあい、因果関係をなしています。

まれに、腎の陽気が不足すると脾の陽気を温煦できなくなり脾の陽気も弱ってきます。

脾の陽気不足になると腎の陽気も損なわれてしまいます。

そうなると、お腹の冷え、食べ物が消化されずにそのまま下痢をしたり、水腫

などの症状になることがあります。

脾と胃の関係

東洋医学的に脾と胃はお互いに表と裏の関係があります。

胃は受納(食べ物を受け取り納めて下方に送る)の働きがあり、脾は運化(水穀の精微を運んで上方に運ぶ働き)

このお互いの働きが相互に関係しています。また、脾と胃は生理機能上、相互に関係していて

脾と胃の病変はお互いに影響しています。

脾に影響があると胃にも影響がおよんで影響をうけ、食欲不振、嘔吐、悪心などの症状が出てきて

さらに、飲食の不摂生により食べ物が胃に停滞し、濁気が下に降りることが出来なくなると

脾にも影響が出てきて脾の働きも低下します。

その状態になると、お腹の張り、下痢などの症状が出てきます。

深呼吸できるのは東洋医学的な「肺」の働きが関係しています!

「木・火・土・金・水」の5種類の中で肺は金に関係しています。

特に呼吸についての働きが主な働きなのですが、人間の身体の中で呼吸をする時に

肺以外の臓器も深く関係していることに注目してご覧下さい。

肺の主な働きは?

  • 気を主り、呼吸を主る
  • 宣発と粛降を主る
  • 通調水道
  • 百脈を朝め、治節を主る


    このようなはたらきがあります。

気を主り、呼吸を主る

肺には「一身の気」を主る作用と呼吸を主る作用があります。

肺の作用の第1に気の生成、特に宗気の生成があります。

肺の生理作用が宗気に直接影響し、全身の気の生成にも影響します。

「宗気・そうき」って何?と気になるあなたの為の解説

宗気とは、気・血・津・液という人体の生命活動を維持するための重要な物

気・血・津・液はそれぞれ別の物です。

その中での「気」に分類された時にそのさらに分類していった時にある種類の1つで

元気・宗気・営気・衛気があり、肺の働きの中に宗気が関係しています。

なので、宗気は肺の呼吸の働きを助ける事から肺の働きに関係しています。

「呼吸を主る」というとされています、この働きは身体の内と外の空気の交換を行う場所です。

呼吸から外からのキレイな空気を吸って、身体の中の汚い空気を排出することから

呼吸を主ると言われています。この働きにより、人体の正常な新陳代謝が行われています。

 宣発と粛降を主る

宣発とは、広く発散し行き渡らせる働きのことです。

粛降とは、肺気が下に通降し、呼吸道の清潔を保持する作用のことをいいます。

 宣発の作用が不調になると、粛降の作用が低下してしまい、粛降の作用が低下すると宣発の作用が低下してしまいます。

宣発と粛降の生理機能はお互いに依存しあい、またお互いに制御しあい

何らかの病的状態になった時には、宣発と粛降の働きはお互いに影響します。

粛降の働きが正常に働かなかったら宣発の働きも影響をうけ

反対に宣発の働きが正常に働かないと粛降の働きにも影響を受けます。

宣発と粛降の作用が正常であれば、気道は通利し正常な呼吸が行われます。

反対にお互いの作用が低下すると喘息や咳をともなう症状が出やすくなります。

通調水道の作用

通とは疎通という意味です。調とは 調節という意味です。

水道とは 体の水液を運行・排泄する通路であり肺の宣発と粛降の作用は協力して体内における水液の輸送・排泄を疎通・調節しています。

肺は水分の代謝に関して深く関わり、「肺は水の上源」「肺は水のめぐりを主る」といわれています。

肺気の宣発機能が低下して毛穴が閉じると、浮腫みや汗をかきにくくなります。

肺気の粛降機能が低下すると浮腫みや小便の不調などの症状が出てくるようになります。

これは肺の通調水道の作用が低下してしまうと出てきやすくなります。

百脈を朝(あつ)め、治節を主る

 「朝」には集合という意味があり、全身の経脈は肺に集まる。

「百脈」とは、全ての脈が集まるという意味です。

2つあわせると、全身の脈は肺に集まるということになります。

また、全身の血と脈は心が統括しています。

血の運行は気・血・津液のなかで「」の働きに依存して、血は気の昇降運動により

全身に運行している。

肺には「一身の気を主る」働きがあり、呼吸も主っています。

身体の気は、肺の働きにより調整され、人体における血液の運行も、肺気の輸送と
調整に依存していると考えられています。

 治節を主るという言葉の「治節」とはどのようなことかと言いますと

治節には管理・調節という意味があり

  • 呼吸を調整
  • 気の昇降出入を調整
  • 血液運行の推動・調整
  • 肺の宣発・粛降により津液の輸布、運行と排泄を管理・調整

このような意味合いがあります。

涕(てい・はなみず)は肺の液

肺の作用が正常な場合は鼻涕は鼻を潤し外には漏れないようになっています。

肺寒の時は、水様の時は鼻水が流れ、肺熱の時は色が濃くて黄色い鼻水が流れます。

肺が乾燥したときは、鼻が乾きやすくなってきます。

肺は鼻に開竅(かいきょう)する

鼻と喉はお互いに通じていて、肺に連絡している。

鼻と喉は呼吸の門戸とおいわれている。

嗅覚や喉による発声は、肺気の作用によるものです。外邪は肺に侵入する場合には、鼻や喉から侵入しやすく、肺の病変には、鼻づまり、鼻汁・くしゃみ・喉のかゆみなどの鼻や喉の証候が現れやすくなります。

体は皮に合し、華は毛にある

皮毛は「一身の表」であり、衛気と津液に温養され潤されています。

外からの攻撃を防ぐ働きを持っています。

肺の生理機能が正常であれば、皮膚はしっかりしていて光沢をもっており、外からの攻撃に対しても抵抗力があります。

しかし肺の働きが弱くなると外からの攻撃を受けやすくなります。

この場合には汗をかきやすくなり、風邪を引きやすくなったり、皮膚がカサカサになりやすくなります。

肺は、皮毛に合しているので、皮毛が外からの攻撃の影響を受けると毛穴が閉じて

衛気が滞るだけでは無く、肺にも影響し毛穴も閉じて病理変化が起きやすくなります。

その他の臓器関係は?

五行
五臓
五腑小腸大腸膀胱
五志悲・優恐・驚
五竅
五液涎・よだれ涕・はなみず
五支乳・唇鼻・体毛

五行色体表

心と肺の東洋医学的な関係

心は血を主り、肺は気を主る

心と肺は両方とも体幹部の上方にあります。

心と肺の関係は、血と気の関係に代表され

血が全身に巡らせることは、気の推動の働きにより行われており、気の輸布にも

血の運搬の働きが関係しています。

心と肺の病理的変化が起こったときは、肺気が弱くなると宗気も不足し血を運ぶ働きも

弱くなります。そのため心血が滞ると胸の痛みや息切れ、くちびるが青くなってきたりします。

心気の異常になると血脈の運行が悪くなり肺の働きにも影響が出てきて

・呼吸があらい

・息苦しい

などの呼吸器に関する症状が出てきやすくなります。

肝と肺の関係

肺は粛降を主り、肝は昇発を主る

肝と肺とは、気機の昇降に関係していて

肺は粛降を主るため、肺の気は下に降り、肝は昇発を主り肝の気は上昇します。

この肺と肝の作用が安定して働いてくると、全身の気機に対しての調整作用が安定していきます。

脾と肺の関係

肺は気を主り、脾は気血生化の源である

肺に必要な津液や気は、脾の運化作用により作られ水穀の精微から得られます。

肺まで運ばれた水穀の精微は、さらに肺気の宣降機能により全身に運ばれます。

肺と脾の関係についての事は、気虚と水湿代謝があります。

脾の気虚(脾の働きが弱ってくる)になってくると、呼吸や話し声が弱々しくなる事があります。

脾の運化機能の低下により湿気が身体にたまり痰飲が生じます。

それが上逆して肺を犯し肺の働きが弱くなり多痰の症状も出てくる事があります。

肺と腎について

肺と腎の関係は気と水について関係があります。

気について

肺は呼吸を主り、腎は納気を主る

呼吸は肺が主っていますが、人体が呼吸を行うには腎の納気作用の補助が必要です。

(納気とは、納めるということで肺から入った空気を腎の納める働きの補助が必要という

意味です)

腎の働きが上手くいくと、しっかり深呼吸がしやすくなり

反対に腎の働きが弱くなってくると、深呼吸がしにくくなり呼吸が浅くなってきます。

水について

肺は水の上源であり、腎は水を主る臓である

肺には宣発・粛降機能、腎には水を主り気化機能があり

水の代謝が正常に行われか否かは、肺と腎のはたらきが大切になります。

肺と大腸の関係

肺と大腸は経脈を通じて表と裏の関係があります。

肺気の粛降機能と大腸の伝導機能はお互いに関係しており、肺の粛降機能の助けで

大腸の気はスムーズに働き、この作用によりスムーズに排便を行っています。

肺気の粛降作用は大腸の働きにより維持されていて、肺の働きが悪くなると大腸の働きが悪くなり、排便が困難になってきます。

歯の状態も左右する東洋医学的な「腎」の作用について

木・火・土・金・水の5種類で成り立っているなかで

「水」に属する腎の作用についてこのブログをご覧のあなたに

分かりやすくお伝えいたしますので是非ごらんください!

腎の生理機能

  • 蔵精、発育と生殖を主る
  • 水を主る
  • 納気を主る

蔵精を主り成長・発育・生殖を主る

 蔵精とは、この精気を貯める(貯蔵)することで腎の生理機能を指している

精には先天と後天の精があり

先天の精とは、父母から受け継いだ生殖の精(出生前に存在しています)

後天の精とは、五臓六腑の精です。(出生後は先天の精を補充・滋養している)

脾胃で食べ物が化成されて作られた、余った物は腎で貯められます。

この腎で貯められた精を腎中の精気と呼ばれており、先天の精は出生前に存在して

出生後は後天の精が先天の精を補充・滋養しています。

両者はお互いに助け合う関係で成り立っています。

腎の働きが盛んになり成長すると、腎精が充実すれば、基礎活力も盛んで

活動的になり、健康的になります。

また、根気がいる細かい作業をやり抜く力もわいてきて「腎は作強の官」といわれています。

腎気が低下すると元気がなくなり、身体が冷えて、生殖能力も低下し 疾病にかかりやすく、治りにくく、その他の老化現象を呈します。

成長・発育・生殖を主る

歯がキレイ

腎気の盛衰は、成長・発育・生殖に深く関わっています。

人の成長過程(幼年期)で、歯が生え替わったり、髪の毛が伸びたりといった変化を起こします。

青年期では、生殖機能の成熟を促す物質(天発)の作用により男子では精液を作り出し

女性では、月経が来潮するようになり性機能が成熟してきます。

老年期になると腎中の精気は衰え、精機能と生殖機能は衰え、消失

腎の蔵精機能が低下すると必然的に成長発育や成長発育や生殖能力に影響がおよび

不妊症・脱毛・歯のぐらつき・発育不全などの症状が出てきます

この症状は腎の不足によることが多いです。

腎中の精気・腎陰・腎陽の関係

腎中の精気は、生命活動の基本中の基本になり腎陰と腎陽の根本であります。

 腎陰と腎陽の2種類に分けられており、

これは人体における陰液の根源であり

腎陰とは、あらゆる臓腑・組織を潤し、滋養する作用を有しています。

腎陽は人体における陽気の根源であり、臓腑・組織を温煦し推動する働きがあります

古来から腎は「水火の宅」と称されている。

また、腎陰を名門の水といい、腎陽を命門の火ということもある。

 水を主る

体内での水液の貯留・分布・排泄を調整する腎気の作用をさします。

正常な状態では、水液は胃に行き、脾によって転輸されて、肺によって全身行き渡って

三焦を通り体の中で循環するものとしないものに分けて、循環しないものは、汗と尿に変化して体外に排泄されます。このようにして、体の水液代謝のバランスをとっています。

 腎の気が低下したら、水液代謝のバランスが崩れてしまい

水腫、小便が出にくくなったり、頻尿や、下痢になることがあります。

納気を主る

呼吸は肺が主っていますが、吸気は腎に下り、深呼吸をする事に関わってきます。

吸気を腎に納めるという腎気の働きの事を「摂納・せつのう」といい

このことから、「肺は呼気を主り、腎は納気を主る」とされています。

腎が納気を主ることは、呼吸にとって重要な意味を示しており、腎気が正常に働いているからこそ

肺への空気の流れが順調にいきます。

腎の気が弱くなってくると、吸い込んだ空気が腎に行かず少し動いただけでも息切れをしたり、呼吸困難になります。

腎の五行との関係

五行
五臓
五腑小腸大腸膀胱
五志悲・優恐・驚
五竅
五液涎・よだれ涕・はなみず
五支乳・唇鼻・体毛
五行色体表

恐は腎の志

恐とは物事に対しておそれおののく精神状態のことを示します。

恐と驚きは似ているが、驚きは意識せず突然受けるショックであり

恐は対象を明確にとらえた精神状態、いわゆるビクビク、おどおどした状態です。

恐と驚きも日常生活に対する影響という点からいえば、良くないので両方とも腎を損傷することもあります。

唾は腎の液

唾は口の中の津液であり、唾液のなかで比較的ねっとりしたものです。

唾は腎精の変化したものでこれをのも混むと腎中の精気を滋養できる。唾が多すぎたり

長時間ダラダラ流れてしまうと腎中の精気が消耗されていきます。

この話しから、古代の仙人は口の中に唾液をいっぱい貯めて唾液を貯めてそれを飲み込む事で

腎精を養ったこともあったみたいです。

体は骨に合し、骨を主り髄を生じ華は髪にある

腎精には髄を生じる作用があります。髄はは骨の中にあり骨は髄によって滋養されます。

腎精が充分にあると、骨髄を化生するのに充分な源があります。髄により充分に滋養されると、骨格は丈夫になります。

腎精が少なくなってしまうと、骨髄が不足し骨に栄養を供給する事が出来ないため骨格はもろくなり、ひどいときは発育不良になってきます。

老人では骨密度が低下し、骨折しやすくなってきます。

 腎は髄を生じ、骨を主っていますが、「歯は骨の余り」といわれるように歯も腎精によって滋養されています。腎精が充分にあれば歯はしっかりしているが、不足していると歯はぐらつき、最終的に抜けてしまう。

  髄は骨髄と脊髄の2種類に分けられており、脊髄は上部で脳につながっており、脳は髄が集まって出来ています

 精と血はお互いに養う関係にあり、精が多ければ血も旺盛になり、毛髪につやがあるのは

血の働きが旺盛な証拠であり、ここから髪は「血の余り」といわれています。

腎の精気が充分にあると髪の成長あるいは脱落や艶の有る無しにも関係してきます。

 腎精が比較的に充分にある青年期・壮年期は毛髪につやがあります。年齢を重ねた老年期では徐々に毛髪のつやが無くなり白髪が増えて、抜けやすくなってきます。

耳および前後二陰に開竅する

耳の聴覚機能は腎の精気と関係があります。

 腎の精気が充分にあると聴覚は鋭敏となり反対に腎の精気が不足すると耳鳴り、難聴などが現れます。

 老人が聴力の減退がおこるのは、腎の精気の衰えが原因です。

 二陰とは前陰(外生殖器)と後陰(肛門)の2つです。

尿の排出は膀胱によって行われますが、腎の気化作用も重要な、はたらきをしています。頻尿・尿量減少などの症状は腎の陽気の温煦作用の低下が原因でおこることが多いです。

大便の排泄も腎の化作用が関係していて、腎の陽気が低下すると便秘や下痢になることもあります

命門

「難経」では、腎精の数ある働きのうち、基礎活力をもたらす「元気」と「子孫」を残す

生殖について、これを「命門」のはたらきとしました。

命門とは、腎の働きの一部をさしています。

その他の臓腑の関係

腎と膀胱

腎と膀胱の関係は、経脈でお互いに連絡しており表裏関係を構成しています。

腎の気は尿を制約し、かつ津液を尿に変化させ津液を尿に変えて膀胱の開閉作用を助け

腎気が不足すると、気化機能、膀胱の開閉機能が失調し、尿に対する病変が出てきて

小便困難・失禁・頻尿などの症状があらわれる

これらの症状は、膀胱と腎の働きの失調が関係しています。

まとめ

【肝・心・脾・肺・腎】について5種類の働きをまとめましたが

5つの様々な作用があり身体全体に影響を及ぼす働きが沢山あります。

5つのうちの1つの働きが弱ってしまうとその他の4つで補うようにしてお互いに助け合いながら常に平均を保つようにしながら人間の身体のなかで

肝・心・脾・肺・腎の5種類が働いています。

東洋医学的な5つの作用をまとめましたが、このブログをご覧のあなたに

東洋医学的な事を少しでも興味をもってもらえたら幸いです。

ブログを最後まで読んでくださりありがとうございました。

参考文献 

針灸学 基礎編第三版 東洋医学出版社
東洋医学概論 医道の日本社 社団法人 東洋療法学校協会 編

 

よかったらシェアしてください
目次
閉じる