スマホ・パソコンでお家から無料相談!オンライン相談受付中!

清掃員さんのよくあるお悩み解消法!

ここ最近、プロの清掃業務を専門にされている会社も多く色んな場所をプロの清掃業者がやってくれる事が多くのご家庭や職場で普及してきました。

そこで、プロの清掃業者の方々が身体に負担をかけて丁寧に掃除をされていて、数多くのお悩みがある事が気になりまして、本日は清掃員さんのよくあるお悩み解消法と題して書いていきます。

目次

清掃員の主な仕事内容

本当に多岐にわたります!

清掃員さんのお仕事は多岐にわたり色んな場所を掃除されています。

よくあるのが、自宅を訪問して台所やお風呂、トイレ、エアコンなどの掃除

するハウスクリーニングや、ホテル清掃、オフィス清掃、ビルの清掃、パチンコ屋清掃

病院清掃、ショッピングモールなどの清掃、私鉄や駅構内・新幹線の清掃など

これ以外にもお仕事をされている清掃員さんが沢山おられます。

上記以外にも沢山ある公共の場所をいつもキレイに快適に過ごせるように清掃してくれています。

ありがとうございます!

普通に拭き掃除をして取れる汚れならいいんですが、頑固な汚れが多く特別な

機械を使わないとキレイに取れない汚れも多くその際に、重たい機械を運ぶ際に

身体に負担がかかる事がよくあると、お話しを聞く事があります。

普段何気なしに日常的に使用している私鉄の駅がキレイになり、最近は特にトイレがキレイになり

トイレットペーパーの補充もしっかりしている事に驚いています!

トイレだけではなく、その他の様々な場所や自宅で自分では出来ない所を使用される

お客さんが快適に過ごせるようにきっちり掃除されているのには頭が下がります。

そこで、清掃員さんに注目してお悩みを深掘りして書いていきます。

腰痛が多いです

プロの業者さんに職場やご家庭の掃除をお願いすると、沢山の重たい機械や特殊な道具を使用して室内を綺麗にしてくれますよね!その技術にはビックリします。

先日思い切ってプロのお掃除業者に、院内のフロアとエアコンと窓ガラスの掃除をお願いしました!

思い切ってお願いしてみて本当に良かった!!』その一言につきます!

正直に言って自分で掃除をするより本当にキレイになり

本当に感謝しかありません!いつもお客さんの前では笑顔でオフィスやご家庭に訪問して入念お掃除をしてくれます。

やはり、あらためて実感したのは『餅は餅屋』の言葉通りにプロの作業は凄いです!

(昔からあることわざは大変便利になった現代社会にも十分通用します!)

キレイでピカピカな部屋!
部屋キレイだー!

その時はどうしても重たい機械を駆使してプロの技術でピカピカにしてくれます、その機械の操作が大変で

持ち運びが重たく掃除をする姿勢も腰に負担がかかる姿勢を長時間およぶ作業になりますから

どうしても腰に負担がかかってしまいます。

掃除をして下さった部屋が綺麗になるのは、その後に気持ちがいいのは本当に良いことですよね?

実は、プロの業者さんが使用する掃除道具は持ち運びが本当に辛くて腰痛予防を常に意識されている方も多いという声もお聞きします。

腰痛を気にせずそのまま放置しておくと、急に腰痛がひどくなりギックリ腰を患ってしまいかねません

腰痛は早めに対処しないと本当に後からツライことになるので腰痛対策はしっか行っていきましょう。

仕事中にも、時間を見つけて5分でもいいので腰のストレッチ体操をして腰痛の予防になるように日々のを進める事をオススメします。手を上げて伸びる動きや腰の前屈後屈、膝の屈伸運動をしたり出来る事はしっかりやってみてください!

肩関節と頚の痛みも多いです

窓拭き!

窓拭きや最近よくエアコンの中を分解してしっかり中のほこりや、カビの除去をする際に高いところにふり腕を上げ、上を向いた状態を長時間続ける為、肩関節と頚の痛みを訴える方が多いと、良くお聞きします。


高層ビルの上からゴンドラに乗り窓を拭いたり、手を目いっぱい上げて窓を拭くと、いい体操にはなりますが何度も何度も繰り返し動作で、肩関節に疲労が重なると五十肩や四十肩の原因にもなりかねません。

頚部についても、長時間上を向きながら腕を挙上しての作業になりますので肩関節の痛みはもちろん

頚部についての痛みも出てきます。

仕事の合間に5分ほどでも十分です、頚を回したり体操したりしながら少し休憩しながらストレッチ

体操をするようにして下さい。

それだけでも長時間におよぶ仕事がはかどります

くれぐれも無理なさらないでくださいね!

膝関節の痛みも多いです

高さが低い所の作業が続くとどうしても、低い姿勢で作業を行う際に、膝をつく事が多くなってきます。その際に長時間かがんだ姿勢になり膝にも負担がかかる事があります。

フローリングの掃除の際にぞうきんがけをするときに膝をついて低い姿勢になり長時間の作業になると膝をつくことになり

膝のお皿が黒ずんでくることもあります。

短時間でしたらいいですが、長時間の作業が多くなってきますので膝関節への負担が多くなってきてだんだんと痛みが増してきます。

ひどくなってくると、自分自身の体重がかかり半月板や靱帯の軟部組織への痛みにも及ぶ事もありますので注意が必要です。

痛みが出ないようにサポーターの使用や、ストレッチ体操などもしっかり行うことで痛みの予防が出来るので大切になってきます。

症状改善!オススメのツボご紹介!

肩隅  

腕を水平に持ち上げ、肩関節の前後に出てくる凹みの前方の凹みにあります。

巨骨  

鎖骨の外端にあり、肩鎖関節の後方陥中にあります。

腎兪  

第2腰椎と第3腰椎の間から外側1寸5分の所にあります

志室  

腎兪のからさらに外側1寸5分の所にとります

犢鼻  

膝のお皿の骨下縁と脛の骨の上端との中間にあり膝蓋靱帯中にとります。

足三里 

膝を立てて膝のお皿の外側の下縁から指4本下方の所にあります。

よかったらシェアしてください
目次
閉じる