スマホ・パソコンでお家から無料相談!オンライン相談受付中!

鍼灸師が教える梅雨の湿気による不調改善方法を紹介します!

東洋医学からみた「湿気」とは?

東洋医学的に湿気からの身体の不調があると

湿邪が身体に溜まっている状態になると言われています!

湿邪というのは簡単にお話しすると「湿気による身体が不調になる病」です。

その湿邪というものが身体の中に入ってくると、身体がダルくなったり、ふくらはぎが

浮腫んできたり、手が浮腫んだり、頭痛が起きたり、何だかやる気が出なかったり

身体が重く感じたり、色んな症状が出てきます!

また、上記以外の症状で湿気のお悩みの方も沢山おられます。

本日はこの時期に特にお悩みが多い「湿気」に注目して書いていきます。

湿気による身体のダルさにお悩みのあなたはオススメなのでぜひご覧下さい!

このブログはこのような内容です!

  • 湿気についての東洋医学的な考え方
  • 湿気について脾と胃の関係性について
  • 東洋医学的に脾と胃の反応部位に関して
  • 水分補給の重要性について
  • 身体の浮腫みに対してオススメのツボのご紹介をしています
目次

病気の原因から見る「湿」について

湿は長夏「夏の終わりの1ヶ月」の主気とされており、この考え方は中国の気候条件から

きたもので、日本では梅雨や秋の長雨の時期が最も盛んな時期になります。

湿邪はしばしば脾の運化機能に影響を及ぼし湿濁内生(しつだくないせい)を引き起こします。

湿邪の性質と発病の特徴

外からくる病気の原因の中で(風・寒・暑・湿・燥・火)の6種類の中の1つに

湿があります。

その他の5つの原因もお話しさせて頂きますが、まずは「湿」についての

病気の特徴をお話ししていきます。

湿は陰邪、気機を阻害しやすく脾胃の陽気を損傷しやすい

湿は水の性質を持ち合わせて陰邪になります。

湿邪が身体の内臓に滞ると気機を阻害しやすく、胃のつかえ・すっきりと排便しない

小便の量も少なくなってくることがあります。

湿邪が脾陽に影響を与えると、身体の中に水が溜まりやすくなり、下痢・尿量の減少

浮腫みなどの症状が出てきます。

湿は重く停滞する(重濁性・粘滞性)

湿邪が身体の中に入ってくると陽気が損なわれ、頭が痛く四肢がだるいなどの症状が多くなり

湿邪が関節に溜まると関節が腫れて痛みが出てきます。

さらに、湿邪は動きが遅く停滞する性質があるので湿による病は治りにくく繰り返し痛みが出てくる事もあるんです!

湿は人体の下部を犯しやすい(下注性)

湿には水の流れのように下へ向かう、下に注ぐという特徴があります。

そのため人体の下部を犯し、水腫などが下肢に現れることが多いです

下痢などが湿邪によって起こることがあります。

その他の湿邪の原因で季節以外でも、汗でぬれた洋服を長時間着たときにも湿邪による疾患になる事もあり、最近は汗を吸いにくい化学繊維生地を長時間身につけていると湿邪による病を引き起こすことがあります。

湿と脾胃の関係性

湿邪について切っても切れない脾と胃の関係性が大変重要になってきます。

東洋医学的には脾と胃はお互いに連絡して表裏関係を構成しています。

胃は受納をつかさどり、脾は運化をつかさどっています。

(胃は口から入った食べ物を受け止めて納めて脾の働きにより身体全体に運んでいくようなお話しです)この両者の働きにより飲食物の消化・吸収・運化が行われています。

脾と胃のあいだには、胃は食べ物を下降する働きがあり、脾は食べ物を昇降するお互いの関係があります。

胃は湿気を好み乾燥を嫌い、脾は湿気を嫌い乾燥を好みます。

これらは消化吸収の維持に大きく関わっていて脾と胃がお互いに関連しているため脾胃の病変は相互に影響しています。

東洋医学的にカラダが調子悪くなる原因を書いているページがあります。

ぜひこちらのページもご覧下さい!

五行色体表

この図は五臓・五腑を5つに分けてそれぞれの特徴を表したものです

これ以外にたくさんあるのですが、このブログページでは五臓・五腑・五季・五悪に注目して説明しています。

五行
五臓
五腑小腸大腸膀胱
五季土用
五悪湿
五行色体表

この図のように脾と胃の下方に五季は土用、五悪は湿に当てはまり

湿というのは脾と胃に深く関わっていることが理解できます。

または、脾と胃の病変は顔や舌、お腹など身体の部位をみたときに反応が出てくることがあります。

五行色体表に関して詳しく書いているページはこちらをご覧下さい。

顔面にも反応部位があります

東洋医学では、顔面の各部の五臓の状態も反映することがあると考え、顔面診は五臓を配当して、それらの部位に合わせて色の変化などを観察していきます。

「素門」:刺熱論篇

肝の熱病は、左の頬、先ず赤し

心の熱病は、顔(額)先ず赤し

脾の熱病は、鼻先ず赤し

肺の熱病は、右の頬、先ず赤し

腎の熱病は、頤(あご)先ず赤し」

舌にも反応部位が出てきますよ

子供が遊びでよく「アッカンベー😛」と舌をだしていますよね!

大人がしてきたらイライラ、ムカムカしてきますが(笑)

しかし、その舌に身体の反応を表す部位があります。

もちろん脾と胃の反応部位もありますのでご覧下さい。

舌根部  腎

舌中部  脾胃

舌辺部  肝胆

舌尖部  心(肺)

図の部位が赤くなったりザラザラしたり、色が変わってきたりするとその部位に病変

を見つけるための目安になります。

お腹も反応部があります

『難経』:十六難から

肝病は、臍の左に動気あり、これを按(お)せばかたく、もしくは痛む

心病は、臍の上に動気あり、これを按(お)せばかたく、もしくは痛む

脾病は、臍に当たりて動気あり、これを按(お)せばかたく、もしくは痛む

肺病は、臍の右に動気あり、これを按(お)せばかたく、もしくは痛む

腎病は、臍の下に動気あり、これを按(お)せばかたく、もしくは痛む」

お腹にも脾と胃の反応部はあります。

もちろん、その他の反応部位に対しても病変を見つけ出す目安になり

この部位の痛み、動気があるとその反応を中心に考えて施術を進める事もあります。

脱水状態を回避しましょう

人間の身体は約60%くらい水分があると言われています。

つまり、人間は水が無いと生きていけない訳です。

その水分の多くは、全体の液量として細胞外液と細胞内液に分けられています。

細胞外液は、全体液量60%のうち20%を占めて血漿が5%、組織液が13%、体腔液が2%含まれています。

細胞内液が残りの40%になります。

身体を構成する液体成分が約60%で残り40%が

脂肪15%

無機物質7%

たんぱく質18%

液体成分以外での目安となり構成されています。

身体の水分は塩水が大多数をしめており、身体の中にある塩分もナトリウムやカリウムなど数種類あり、細胞の中にある塩水はナトリウムが多く含まれています。

身体全体の塩分濃度は、細胞の中も外も同じになるのがいい状態ですが、もし細胞の周りの塩水が、細胞の中の塩水より濃くなってしまうと、細胞内外の濃さが同じになるように、水だけが細胞から周りに出てしまいます。こうなると、細胞がしぼんでしまい、働きが悪くなってしまいます。

細胞の周りの塩分が濃くなった状態を脱水です。梅雨の時期~真夏にかけての暑さ対策ではしっかり水分補給をしていきましょう!

よく小まめに水分補給をして健康を維持しましょう!

と言いますが、喉の渇きをガマンしてお水やお茶を飲むのを控えた状態が続くと真夏では、本当に熱中症に

なってしまいます。

特別に喉が渇いていないのに、水をガブガブ飲んで熱中症の予防としてはまだマシですが、飲み過ぎは良くないです。

真夏の昼間に長時間外での作業では大量の汗をかき、その分はしっかりスポーツドリンクなどを飲む事を推奨しますが

特別に水分補給を無理にする事はオススメしません。

「喉が渇いたな?」と思ったらコップ1杯の冷たいお水やスポーツドリンクなど飲んで喉の渇きを解消して下さい。

夏の就寝前にコップ1杯のお水を飲むことにより、寝ている時の寝汗で身体から水分が出て行きますのでその代わりに

コップ1杯分ほどのお水を飲む事をオススメ致します。

寝る前にコップ1杯飲まなかったら、寝起きにコップ1杯ほどのお水を飲むようにして下さい。

そうすることで、身体の水分量を維持できます。

適切な水分補給を大切に!

夏は、仕事が終わった後、冷たいビールを飲むのが大好きな方が多いのではないでしょうか?

私もその中の一人です!!

しかし、ビールを飲む事は残念ながら水分補給にはならず、残念ながら利尿作用が働き適切な水分補給にはつながりません。ビールを飲むなら、グラスの横にお水とビールを交互に飲むようにしていきましょう。そうすることでまだ、マシです(笑)

一方、コーヒー、紅茶、緑茶は、おしっこの量を増やすカフェインが多く含まれているので、水分補給としての効果はあまり良くありません。

効果的なのは、お水が良いです。大量の汗をかいたときはお塩を少しなめてお水を飲んで下さい。

そうすることで、不足した電解質を摂取する事が出来ます。

梅雨の時期は、ジメジメして部屋の中にいても湿度が高くなり汗をかいても肌がベタつき、身体の水分代謝がしにくい状態です。

そのような時は、身体をゆっくり休めて、睡眠時間をしっかりとって身体を休めて元気出していきましょう!

それでは、足の浮腫みや手の浮腫みに効果が期待できるツボのご紹介をいたします。

下記をご覧下さい!

湿邪を解消するツボの紹介①【足の浮腫み】

ここで、梅雨の時期にどうしても浮腫みなどが気になり自宅でお灸やゆっくり気持ちいい程度に刺激を加えると身体のお悩みが解消できるツボをご紹介いたします。

ぜひ優しく指圧や自分でも簡単にできる「せんねん灸」をやってみてください。

足三里(胃)

膝を立て膝のお皿の外側から指4本分下がった所にとります。

三陰交(脾)

足の内くるぶしから指4本分上がった所にとります

陰陵泉(脾)

膝を立て、脛骨の内側を擦上していき指がとまるところにとります。

湿邪を解消するツボの紹介②【手の浮腫み】

内関(心包)

手首(手のひら側)のシワから指3本上のところにとります

外関(三焦)

手首(手の甲側)のシワから指3本上のところにとります

お腹の調子を整えるツボ

お腹の調子を整える事でお通じの改善ができれば、大・小便のリズムが正常になり身体も楽になり

手足の浮腫みを解消する事ができます!

中脘 

胸骨の下端とおへそとの真ん中にとります

章門 

側腹部にあり第11肋骨の下端にとります

まとめ

このブログを最後までご覧いただきましてありがとうございます。

2021年の梅雨入りは例年よりは20日ほど早く梅雨が明けるまで長くなるそうです

しばらくは、部屋の湿度が高くジメジメしてしんどくなりますが、東洋医学的な

身体の反応部位や、手や足の浮腫みなどが気になる方は、オススメのツボを刺激して

みて下さい。1回だけやってみても効果がなかなか出てきにくいですが、しっかり続けてもらえたら

効果が徐々に出てきて、手や足の浮腫みや身体のダルさも解消していきます!

新型コロナウイルス感染に気をつけながら、マスク着用や手指のアルコール消毒など

しっかりしながら感染予防につとめていきましょう。

参考文献

はりきゅう理論 社団法人 東洋療法学校協会 編/教科書執筆小委員会 著
医道の日本社 
針灸学「基礎篇」日中共同編集 第三版 東洋学術出版社
「素門」:刺熱論篇
『難経』:十六難
よかったらシェアしてください
目次
閉じる