スマホ・パソコンでお家から無料相談!オンライン相談受付中!

ゴルフが趣味の40代男性美容師 頚部と右腕の痛みの症例

こんにちは!

大田鍼灸接骨院 院長 大田です

本日はゴルフが趣味の40代男性美容師さんの頚と右腕の痛みの事例紹介をいたします

来院された方:枚方市在住 40代男性 仕事は美容師さん

主な症状:頚部と右腕の痛み

目次

来院の経緯

仕事は美容師を長年されていて右上肢をよく使う、特に肘から手首・手指にかけてハサミをよく使う為、右上肢に疲れが溜まっている。

趣味のゴルフが好きでよくゴルフ練習場やコースを回って楽しんでいたが、初回来院時より1ヶ月程前から後頚部と右肩関節から右手指にかけて痛みが出てきたので、知人の紹介で来院されました。

初回の身体の状態

仕事やゴルフで身体を酷使されていたので右肩関節の可動域と頚部の可動域が制限されおり、頚部から肩背部にかけての痛み

右上肢の運動制限、特に右肩関節外転時の痛み

右上肢全体にだるさがある状態になっていました。

仕事で長時間立ち仕事の為、腰痛もあり脚のダルさもある状態。

初回の施術

身体の疲れた状態が長期になっているので頚から腕の痛みと腰から脚の痛みの両方を視野に入れて

身体全体を見て施術を開始。

脈診の結果、腎虚症に反応があったのでそこに対して鍼灸施術とスパイラルテープの施術を行う。

施術後症状の変化があり、頚部と右上肢の痛みと可動域の制限が改善し施術終了。

2回目の施術

前回の施術から1週間後に来院して下さいました。

施術後の経過を聞くと、頚部の痛みと右上肢の運動制限が軽くなり経過は良好。

前回より身体の痛みとしては初回来院時よりは軽減したが、症状は残る状態です。

基本検査より腹部においての反応を中心に施術する事で症状の改善が見られたのでその事を踏まえて施術開始。

スパイラルテープと鍼灸施術後、頚部と右上肢の運動制限が改善され、施術終了。

3回目の施術

初回よりだいぶ症状が改善し、頚部運動制限と右上肢の運動制限が気にならなくなってきました。

上半身はマシになったのですが、腰と脚にかけてのダルさが出てきた状態。

スパイラルテープの基本検査と脈診を行い頚部と腰部の両方の施術を行い鍼の施術とお灸の施術を行いました。

この方は、お灸が好きな方で腰と足、肩と背中・左右の肘にお灸を施し施術を終了。

4回目の施術

初回に訴えていた症状は感じなくなり、ほぼ軽減しました。

来院間隔をあけて身体のメンテナンスを行い、これから大きな痛みが出てきても軽くなるように健康維持、痛みの予防を意識してスパイラルテープと鍼灸施術を行いました。

自宅でも出来るお灸でのセルフケアの指導を行い施術終了。

5回目の施術

前回の施術から1ヶ月間隔があいて来院されました。

初回の症状と比べて頚と右上肢の痛みが軽減し、身体が軽くなり仕事も

ゴルフもできるようになりました!とお話しして下さいました。

今後は、この身体の状態を保つように1ヶ月に1回、健康維持の為に

メンテナンス通院に切り替えて施術を続けています。

6回目の施術

5回目の施術から1ヶ月後に施術を行いました。

1ヶ月に1回の身体のケアを目的にしての施術に切り替えて施術開始。

施術後の経過は良好で、今後も身体のメンテナンス施術を継続していきます。

お客様からのご感想

施術を受けるたびに身体が軽くなり、頚と肩の痛みや可動域をきにせず
大好きなゴルフを楽しめるようになってきました。
頚の痛みと腰の痛みも軽くなって、仕事もゴルフもできます!
自宅でもお灸やってみます。

ご紹介させて頂いたお客様は、本当に熱心に施術を受けて下さり
自宅でのお灸をしっかりして下さいました。
その為に、比較的早期に症状が改善しメンテナンス施術に移行出来ました。
施術は週1回ですが、自宅にいてる時間の方が圧倒的に長いので自宅でのお灸や体操をやってみることで症状改善が早期になった症例です。
「この痛みを自分で良くして、楽しくゴルフをしよう!」という意識が高く前向きな方でしたので、お話しを聞いていても前向きな話しばかりでした。
このように、仕事も趣味もプライベートも楽しみたい方は当整骨院ができる限りお手伝いをさせて頂きます。
今回は頚部と右上肢に対する比較的早期に症状が改善してメンテナンスに移行出来た症例のご紹介でした。

大田鍼灸接骨院 大田慎二


・この他の五十肩について詳しく書いたページが気になる方はこちらをご覧下さいね!

・ゴルフのスポーツ障害について詳しく書いたページもございます
 スポーツ障害について気になる方はこちらのページもご覧下さい!

よかったらシェアしてください
目次
閉じる