スマホ・パソコンでお家から無料相談!オンライン相談受付中!

右肩関節が痛み無く出来るようになった!30歳代男性の事例紹介

大田鍼灸接骨院 院長 大田です

本日は右肩関節の痛みを訴えて来院された方の事例をご紹介します。

来院された方:枚方市在住 30代男性 仕事は消防士さん

主な症状:右肩関節痛と頚部の痛み 

目次

来院の経緯

職場で筋肉トレーニングをして右肩関節を痛める。

仕事は消防士さんで、仕事内容がハードで身体を酷使する事が多い状態。

痛くなってきた時はそんなに気にはならず放置していたが、だんだん気になって インターネットで当院を見つけてくださり来院されました。

初回の症状

右肩関節挙上制限があり、棘上筋と僧帽筋に圧痛があり仕事にも支障が出てくる状態

筋肉トレーニングが趣味で体つきも筋肉質でしっかりされていますが

趣味の筋肉トレーニングをしたときに右肩関節に痛みが出てくる

初回来院時の身体の状態

右肩関節から頚部まで痛みが出てきて、頚の動作時痛もあり右肩関節の痛みと重なり挙上するのもしんどい状態。

右肩部の棘上筋部に圧痛があり肘や手首までのシビレはないが、痛みが強く違和感が常にある状態。

関節の可動域も少なく右肩関節と左肩関節の左右差が激しく、仕事柄身体を動かして毎日の日課に筋肉トレーニング

をされているため筋肉質ではあるが、右肩関節と頚部の痛みが強い

初回の施術

30代男性の話を聞きながら施術開始

スパイラルテープ施術基本検査と左右手首の脈をみて施術を進める。

スパイラル基本検査から下腹部の反応と頚部の反応、脈からは「腎」に対する反応がでた

為その反応を基本にして施術開始。

施術後、右肩関節と頚部を動かしてもらうと先程よりはマシですが、右肩関節に少し痛みが残る状態。そこで鍼灸施術を加えてもう一度右肩関節を動かしてもらうと症状が軽減。

初回の施術終了。

2回目の施術

前回から2日後に来院

施術後の経過を聞くと、右肩関節の痛みと頚部の痛みは初回の痛みと今を比べると

半分くらいに軽減し、右肩関節と頚部を動かす時の痛みも軽減しました!

と、話をしてくださり症状が軽減したことを確認。

基本検査と脈からの反応をみながら施術開始。

腹部と左股関節からの反応、脈からは「腎」の反応が出たため、その反応から施術を進める。

施術後、右肩と頚部の痛みは徐々に軽減し初回からの痛みと施術後の身体の調子を比べると、

半分以下にはなってきたがこの状態を安定させるために今後も施術をしていく事を説明し

2回目の施術を終了。

3回目の施術

初回時よりだいぶ右肩関節の痛みが軽減し、可動域も拡大

僧帽筋・棘上筋・肩甲挙筋部の圧痛と深部痛が少し残る状態

首筋から右肩関節にかけて違和感があるが、仕事をするうえで特別に激痛が出ることは無い状態。

スパイラルテープ施術の基本検査から頚と腰の反応がでてきたので、まずはそこから

施術開始、次に右肩関節の痛みを確認すると先程の痛みが軽減、そのあとに

右肩関節周辺にお灸を行い施術終了。

4回目の施術

初回より右肩関節の痛みは軽減し、可動域が大きくなっているが

僧帽筋・棘上筋・肩甲挙筋部の深部痛だけが残る状態が続く

その他の身体の状態は気にならない様子

スパイラルテープ施術の基本検査からムクミに対する事と左股関節に対する事に

反応がでたのでそれに対する処置を進める。

処置後に右肩関節の可動域を確認すると可動域を確認すると違和感が軽減し

右肩関節を中心にお灸による施術を行い、本日の施術は終了。

5回目の施術

初回施術時よりは右肩関節の痛みは軽減しているが、首筋から右肩にかけての痛みが残る状態。

右肩関節の可動域は拡大したが、肩甲挙筋・僧帽筋に対しての筋緊張があり

初回施術時に比べて痛みの範囲が小さくなってきて日常生活動作においては、気にはならなくなる。筋肉トレーニングをすると首筋から右肩関節にかけて痛みが出てくる。

施術はスパイラルテープと鍼灸を組み合わせて行い、左股関節に対する反応と靱帯に対する反応が出たのでそれに対する処置を行う。

その後、首筋と右肩関節に対して深く刺さずに鍼灸施術を行い、自宅で出来る簡単な右肩関節のストレッチ体操を指導し施術終了。

6回目の施術

前回と同様に首筋から右肩関節にかけて痛みがある様子ですが、痛みの範囲が

だんだんと小さくなってきました。

小さくなってきたのですが、痛みの感じ方が変化してきて今までは表面的な痛みだったのが

筋肉の深い所に対しての痛みが出ていると、話しをしてくださいました。

右肩関節の可動域は拡大しているが、痛みの範囲は徐々に小さくなっている様子。

スパイラル基本検査から、上焦部の反応と腎の反応が出たのでそれに対する処置を行い

頚部と手関節に対しての反応が出たため処置を加えると痛みが軽減。

その後、鍼灸施術を首筋から右肩関節にかけて鍼灸施術を行い施術終了。

施術後は痛みが軽減、自宅で筋肉トレーニングをするのが好きな患者さんなので

筋肉トレーニングはしてもいいが、いつもより半分くらいの負荷をかけるように

して、首筋と右肩関節に対しての痛みが出にくい位にしてもらいながら様子をみながら

通院指導を行いました。

7回目の施術

前回の施術と比べて右肩関節の痛みが徐々に軽減している様子。

首すじから右肩関節の痛みの範囲が小さくなり、右肩関節は痛み無く挙上出来るが

首すじから右肩関節の付け根に深部痛が残っている状態。

スパイラルテープ施術の基本検査から、右肩関節と左股関節の反応が出たので

肩と股関節に対しての処置をすると右肩関節を挙上した時の痛みが徐々に軽減

右肩関節から首筋、背中から腰部を中心に鍼灸施術を行い右肩関節の痛みは軽減

筋肉トレーニングに対して、負荷をかけすぎずにしてもらい、筋肉トレーニングをし過ぎて

右肩関節の筋肉に痛みが出てきやすくなっている状態なので筋肉トレーニングに対して回数を減らしたり、出来るだけ負荷をかけず、軽いトレーニングの指導を行い施術終了。

8回目の施術

頚部と右肩関節における痛みも前回の施術後から6~8割程軽減し、右肩関節に少しだけ

違和感があるが、特別に気にならないようになる。

スパイラルテープと鍼灸施術を組み合わせて施術を進め、頚部と右肩関節を中心に鍼の施術、スパイラルテープでは右肩関節はもちろんですが、その他の部位に対してもアプローチしながら施術を進めて行きました。施術後に右肩関節と頚部の動きを確認すると痛みが軽減し経過が良好になってました。

9回目の施術

右肩関節の状態が初回来院時に比べて8割ほど軽減してきました

両手を挙げてバンザイしたときに左右ともに腕が耳につくようになってきたの

ですが、あと少し右肩関節に違和感が残る状態が続いています。

右肩関節はもちろんですが、腰や膝、手首、足首などその他の

部位にも処置を考えて施術をすると、徐々に右肩関節の違和感が軽減し

本日の施術を終了。経過は良好になりつつあり、特別な激痛が出てくる事は無くなってきました。

10回目の施術

右肩関節の痛みと頚部の痛みは施術を重ねていくうちに初回来院時に比べて

症状はだいぶ軽減、筋肉トレーニングをしている時だけ痛みを感じるが

それ以外は特別に痛みを感じる事が無くなってきた。

右肩関節痛の自宅でのセルフケアとして『お灸』をしながら経過観察。

通院間隔を空けながら自宅でのケアもしっかり取り入れて指導を行う。

11回目の施術

前回の施術から間隔を空けて来院

頚や右肩関節の痛みがほとんど軽減して身体の調子は良好になる

スパイラルテープと鍼灸施術を行う

筋肉トレーニングも開始しても頚や右肩関節の痛みも感じることが無くなった状態になる。

12回目の施術

筋トレをして多少の右肩関節から頚部の痛みはあるが

日常生活には支障ないくらいに回復。

施術中も『どうやったら右肩関が痛くなるの?』と確認するときも

複数回の施術により軽減したために痛みを探す事に時間がかかるくらいでした。

施術は、右肩関節の痛みはもちろんその他の身体の部位も含めてメンテナンスに

対する施術も含めて施術を進めました。

施術後には身体の痛みが軽減、右肩関節の痛みも軽減し本日をもって、右肩関節に対しての

施術を終了として、今後は1ヶ月に1回のメンテナンス施術対しての施術に切り替えて

いきます。

最後に

今回の30代男性、消防士の患者さんは

仕事で身体が不調になると、どうしても不安になり安心して仕事ができないという事で

継続して来院していただきました。

初めの方は症状がなかなか軽減せずに大変でしたが、回数を積み重ねていくことで

症状が軽減し、右肩関節と頚部の痛みも初回よりもだいぶ良くなりました。

患者さんも施術回数や時間がかかってしまったが、スパイラルテープと鍼灸施術を組み合わせていくことで身体の痛みが軽くなり身体の変化が自分自身で分かってきて実感できました!

とお話ししてくださり患者さんに大変喜んで頂いた事例紹介でした。

・肩関節に対しての痛みについてはこちらをご覧下さい。

よかったらシェアしてください
目次
閉じる