スマホ・パソコンでお家から無料相談!オンライン相談受付中!

仕事が楽に出来た!50代男性配送業|左肩関節痛の事例紹介

こんいちは!

大田鍼灸接骨院 院長 大田です

本日は50代男性配送業の左肩関節痛の事例紹介をいたします

来院された方:枚方市在住 50代男性 仕事は配送業

主な症状:左肩関節痛

目次

来院の経緯

仕事でよくワゴン車に乗る際に左手で運転席の上部の手すりを握り車に乗り込む際に

左肩関節に痛みが出て来るようになり、仕事にも支障をきたすようになり
日常生活にも支障をきたしどうしようもない状態だった為
大田鍼灸接骨院を知人の紹介で知り施術をスタートしました。

初回来院時の身体の状態

左肩関節の動作時痛があり、特に正面に上げるのは出来るのですが、横に上げていくと

約90度の角度になったら痛みが出てきてこれ以上動かす事が出来ない状態。

手を後ろに回して帯を結ぶ動作(帯結動作)が出来ない。

仕事は、配送業をされていて荷物の積みおろしの際に左腕を伸ばして荷物をとろうとすると左肩関節に激痛が走ることがあり、痛みが強い状態が初回来院から1ヶ月前から続いている。

初回の施術

スパイラルテープ施術の基本検査を進めると、アレルギーの反応が強く、シップなどによく

かぶれる事が多いことを話しして下さいました。

なので、出来るだけ多くのテープを貼らずに施術を進めるようにさせていただきました。

基本的な部位だけで、背中には貼付せず、どこにテープを貼っているか確認出来る場所を中心に貼付し、痒くなったら剥がしてもらえるようにして施術開始。

手の甲・足の甲、手首、腹部・下腹部、などに貼付し、その後鍼灸施術も出来るだけ浅い刺激になるようにして切皮だけですませました。

施術後は左肩関節の動作時痛も軽減し、横に90度程しか動かせなかった左肩関節も左耳に着くぐらいになりご本人もビックリされていました。

2回目の施術

前回の施術から2日後に来院

施術の翌日の昼頃までは仕事中でも全く痛みを感じる事が無く快調だったが、夕方頃になると左肩関節に痛みが出てくる、しかし「痛みを感じる事がない時間が出来た!」と喜んでもらえました。

初回施術時よりは左肩関節の痛みは軽減されていますが痛みがまだまだある状態。

仕事で車に乗り込む際に左手で手すりを持って乗り込む際の左肩に出る痛みは残っている様子。

テープを貼ったところが痒くなることが多いので出来るだけ少なく、自分自身で確認出来る場所で、スグに剥がすことが出来る場所に貼付。

手の甲、足の甲、下腹部、手首などに貼付し、その後にスパイラル機器を使用した通電施術

と鍼灸施術を行う。

施術後は左肩関節の痛みは軽減し違和感が無く動くようになる。

3回目の施術

徐々に痛みが軽減し、徐々に左肩関節の違和感もなく過ごす事が出来るようになる

施術はスパイラルテープと鍼灸施術、通電施術を進める

スパイラルテープを貼っている場が、かゆくなったら、はがすように説明。

施術後の経過もだんだんとよくなってきたので、自宅で出来る簡単なストレッチ体操の説明。

痛みがなくなってきたので徐々に左肩関節を自分で無理のないように動かすように指導。

4回目の施術

初回来院時とくらべて左肩関節の可動域が大きく変化していました。

左手をあげるときに左耳に着くようになり、患者さんも違和感が軽減して仕事中も

痛みを気にせず取り組めるようになる。

まだ、多少の痛みはあるが許容範囲で効果を実感していただきました。

4回目の施術は出来るだけスパイラルテープを少なくする事と、目に見える場所に貼付する事で

かゆくなったらスグにはがせるような場所に貼付する事を心がけて施術。

テープ貼付後にスパイラルテープ施術の機械を通しての電気とはりの施術を行い終了。

初回の症状がだいぶかるくなり、今後痛みが出にくいカラダつくりに進めるための自宅で出来る
ストレッチや運動の指導を行う。

5回目の施術

初回来院時の左肩関節の違和感は8割ほどかるくなり

仕事中も痛みを感じる事なく取りかかることが出来るまでになる

左肩関節の動作時痛があり、特に正面に上げるのは出来るのですが、横に上げていくと

約90度の角度になったら痛みが出てきてこれ以上動かす事が出来ない状態はよくなり

手を後ろに回して帯を結ぶ動作(おびむすびどうさ・帯結動作)がしにくい状態。

スパイラルテープ施術の基本検査から、右股関節に対する反応が出てきたため

右股関節を中心に施術を行ってから左肩関節に対する施術を行うと

左肩関節の痛みが軽減

スパイラルテープによる施術の後、鍼灸施術を行い先程よりもさらに痛みが軽減

後は、自宅で出来る簡単なストレッチ体操を指導し施術終了

6回目の施術

前回の施術から5日後に来院

仕事がハードになり疲れが溜まっていた為、左肩関節の痛みがぶり返してしまう。

施術後に左肩関節の動きを確認していくと

「さっきと全然違う!今までの痛みがだいぶマシになりました!」と言って頂き

鍼灸とスパイラルテープで、腹部からの反応を基本にして施術。

患者さんの表情もだいぶ笑顔が出てくるようになる。

この時点で8割ほど痛み軽減し今後は、通院の間隔をあけて1ヶ月1回の
メンテナンスの施術を続けています。

7回目の施術

前回より、痛みがマシになっている時間が徐々に増えている様子。

施術後から数日間空いても痛みは出て来ても初回時の痛みにはならない状態までよくなる

7回目の施術は股関節からの反応を中心に施術を行い、肩甲骨の動きに対して動きが悪かったので

その部分を調整させていただき、痛みが軽くなる

施術後に、自宅でも簡単にストレッチ体操をしながら関節の可動域や肩関節周辺の筋肉の強化を意識して

もらい、痛みが出てきにくい時間を増やす事を目標にして施術終了しました。

8回目の施術

左肩関節の痛みが軽減し、激痛でどうすることも出来ない様なことは無くなり、だいぶ日常生活においても

痛みを感じる事無く過ごせるまでよくなる。

配送業の仕事が忙しくなると左肩関節の痛みが出てくる事があるが、少し休んだら痛みが軽くなるので

その部分が良くなったら、メンテナンス施術に移行する事を説明しました。

施術は、スパイラルテープ施術と、通電による施術、鍼灸施術を行い施術後は左肩関節の痛みは軽減

ここまで良くなると、後は自宅でのストレッチ運動・体操をしっかりやってもらう事で自分自身の筋力アップを

目指し、今後の痛みの予防に対して施術を行っていきます。

9回目の施術

左肩関節の痛みが軽減し、「仕事中も気にならない位に良くなってきました」

と患者さんがお話しして下さいました!

今後は、身体に不調が出にくい状態を作っていくためにメンテナンス施術を継続中です。

10回目の施術

先日まで間隔を詰めて施術をしていましたが、初回から比べて9回目でだいぶ

身体の調子も良くなったので9回目の施術後から1ヶ月後に施術をしました。

1ヶ月間に身体の不調は出てこなかったので、10回目の施術では

左肩関節の痛みはもちろん、その他の場所においても痛みが出ないように

身体のケアを目的に施術を行いました。その後の経過は良好で

1ヶ月に1回を目安に施術を継続予定です。

患者さんから頂いた感想

最初は、「テープでよくなるの?」と疑っていましたが

しっかりお話しを聞いてもらえて施術していくうちに安心して施術に取り組めました

そうしていると、不思議なくらいに痛みが引いて驚きました!

最後に院長から

最初は50代の患者さんが「テープでよくなるの?」とお話しされて不安そうでしたが

しっかり患者さんと私の想いを説明し、お互いの考え方を理解しながら施術を進め
患者さんは仕事に対する情熱があり早く痛みが無い状態で仕事を楽しみたい!

という気持ちが伝わってきました。

私も患者さんの思いに応えるために、しっかり施術させて頂き良い結果を出すことが
出来ました!

テープがかぶれやすいとのことでしたが、スパイラルテープを貼らずに別の方法も

取り入れながら施術していき、さらにストレッチ体操の指導も加えて自宅でのセルフケア

を指導する事により左肩関節の痛みが良くなることができ


50歳代男性の左肩関節痛の症例のご紹介をさせて頂きました。

五十肩、頚から肩にかけてのお悩みの方はこちらの五十肩に関するページをご覧下さい!

オンライン無料相談もやっていますので気になる方はぜひこちらのページをご覧になってお気軽にご相談下さい!

その他の肩関節周辺のお悩み事例紹介

ゴルフが趣味の40代男性美容師 頚部と右上肢の痛みの症例

趣味のゴルフも痛み無く出来た!50歳代男性 左肩関節痛の症例

介護職員40代男性高齢者を抱えた時の左肩関節痛

30代男性トラックドライバーの頚部痛

よかったらシェアしてください
目次
閉じる