スマホ・パソコンでお家から無料相談!オンライン相談受付中!

手・足爪のお手入れしていますか?

あなたは普段手や足の爪は気にされていますか?

体育会系の部活で日々の練習をされている学生さんや社会人で仕事が終わって
スポーツジムに通ったり、休日はランニングなどをされている方も沢山おられますよね。

せっかく毎日のトレーニングを積み重ねて練習をしているのに、爪が割れたら筋肉トレーニング

をしても爪の事が気になり集中出来ません!

日々の筋肉トレーニングや生活習慣は気にしているが今回は「爪」についてのお話です。

目次

繊細な動きがしにくい!

よく、もの凄い重たいバーベルを持ち上げたり筋肉モリモリのプロのスポーツ選手をみたことがありませんか?

必死な顔して約100㎏前後位?のベンチプレスを持ち上げていますよね?
そのようなしっかり常日頃練習されている選手は筋肉で体をサポート出来て
大きな筋肉を動かし、体を維持出来ています。

所で、一般の市民ランナーはそんなとてつもなく重たい物を持ち上げられません!
持ち上げようとしたら体を壊してしまいます。

そのようなトレーニングは特別に必要ではありませんが、細かい動きをするような時は

やはり日頃の練習が重要です。

そこで、意外に疎かになりがちな「爪」もちゃんと切っていると何も考えずに安心して
プレーに集中出来る一つの要素にもなってきますよ!
地味なお話しですが、実は結果を出すには大切な事になります!

例えば、足の爪が長すぎると足を着地して土踏まずから足の指まで体重移動して最後に足の指

で蹴り出す時に爪が引っかかり剥がれてしまったり、割れてしまったりする可能性があります。

また、柔道やラグビー、空手、レスリング、相撲など沢山の相手とぶつかるコンタクトスポーツをされている選手は注意が必要です!

柔道は特に対戦相手の柔道着を握りしめて投げる事が多くなります。そこで手の爪が伸びていたら
しっかり持つことも出来なくて爪が割れたり、相手を傷つけてしまい、思いもよらない所で出血してしまう事も出てきます。

そのような事は沢山のコンタクトスポーツで発生する可能性が出てくるので手と足の爪が伸びている選手には必ず切るように徹底して説明しています。

私は、野球をやっていたのでよく監督に爪をみられて長かったらスグに爪を切り、切りすぎて深爪をしないように注意されたのをよく覚えています。

ボールを投げるときに一番最後まで保持して、最後の手首と指のスナップをきかせて投げる際、
爪が長かったらコントロールが上手く出来ないですよね?
プロ野球のピッチャーはブルペンで、ボールを投げるとき「バチン!」と爪の音が聞こえるそうです!

トレーニングで大きな筋肉を鍛えるのは、運動をするに大切ですが上記以外にも数えられないくらい沢山のスポーツで爪のケアを怠った為に簡単なミスをすることが多々あります!

爪のケアもしっかりしませんか?

どのくらい切ればいいの?

手の爪は指先の形にあわせてキレイに切りそろえる!

爪先の白い所を切りすぎて深爪にならないように注意して下さい。


手の爪は爪切りで切らずに、怖い方はヤスリで削っていくようにすると安全です。


深爪もしないので安心です。

深爪をしてしまうと、何をするにしても指先の感覚が鈍ってきます。

最後の最後にもう1押しをする際に細かい微調整をするときに最終的に結果がでてきるようになるのには

指先の感覚がしっかりしていることが重要になります!

例えば、プロ野球の世界で150㎞を超えるストレートを投げるピッチャーが沢山いますが、そのようなピッチャー

は筋肉がムキムキで毎日のようにトレーニングをされてプロの世界で戦っています。

その選手が深爪をしてしまい最後の最後の細かい微調整が大切な時に失敗しかねません!

なのでスポーツにおいての過酷な練習をするのも、勿論大切ですが指の爪のお手入れも入念にして下さい。

野球を例にしてお話しをしましたが、その他のスポーツにおいても同じ事で手の指、足の指のお手入れは

以外にも見落としがちですが見落とすと後で後悔してしまいます。

特に足の爪が剥がれたりしたら大変ですので、このブログをご覧のあなたも後悔しないように常日頃の爪のケアは

大切にして下さい。

足の爪は爪先の白い所を全部切ろうとせず角は少し残すように切る!

足の指の爪をキレイに整えましょう
親指の巻き爪

白い所を全部切ってしまうと、巻き爪になる恐れがありますので注意して下さい。
特に、足の親指が巻き爪になりやすいので気をつけましょう。

足の爪も同じように爪切りは使わずに、ヤスリを使って爪のケアをすると深爪をせずに安心です。

最初からヤスリで爪のケアをすると時間がかかりますが、ケガの予防に効果的なのであなたも1度やってみて下さい!

大きな筋肉や筋トレ方法についてのお話しはよくお聞きしますが、以外と見逃してしまう
「爪」の大切さをもう一度再確認してみてはいかがでしょうか?

地味な事ですが、この地味な事を疎かにしてしまうと大きな結果は出ません!
特別にしんどい筋トレでは無く、このページをご覧のあなたも綺麗に爪を切ることを
習慣づけて見ませんか?

マラソンやウォーキング・ジョギングなど街中を歩く時に以外にも足の爪に違和感が出てきて

自宅に帰ってきてから足の爪が割れていた!なんて事がありますから注意して下さい!

爪に関係している東洋医学的な考え方で【肝】について関係しています。

爪について気になる方は肝についてのページはこちらをご覧下さい

スポーツ障害についてはこちらのページをご覧下さい!

私も爪には泣かされました!

柔道整復師の専門学校で勉強をしているそんなある日

学校の授業で「柔道」の授業が必ずあるので、柔道の基本的な動きを習得するために

柔道の練習をクラスメートとしていた時なんですが、相手が私の帯や袖をギュッと持ち沢山の技を

かけてきますが、私も払いのけながら練習をしていました。

背負い投げや、体落とし、内股などの技をかけて相手を倒す時には、袖や襟などを

しっかりつかんで投げないと上手くいきません。

その他にも、身体の動きの様々なことが絡み合った時に始めてキレイに技が決まります

技をかけるときに実は、爪は大きな役割をしています。爪が長かったり、深爪などでは

手や足の指にしっかり力が伝わりません。

相手の柔道着ををしっかりつかめるから技が出来てさらに、ケガの予防にもつながります!

その爪のケアを怠っていた時に事件が発生しました!

私が爪を切るのを忘れてしまい、長い爪の状態で柔道の練習をしてた時に

技をかけようとして相手の襟をつかんで投げようとしたときに「パリッ!」って音がしたような感じ

が私の右手中指に感じ、右手を見てみると右手中指の爪が剥がれてしまい、血が出てしまいました。

その後、右手中指が本当に痛くて大変で、キレイに生えてくるまでにかなりの時間がかかり日常生活でも

右手中指が引っかかり大変でした。

このブログをご覧のあなたがこのような痛い目に合わないように常日頃の爪のケアには十分気をつけて下さいね!

よかったらシェアしてください
目次
閉じる