スマホ・パソコンでお家から無料相談!オンライン相談受付中!

膝痛でお悩みのあなたへ

このような膝痛でお悩みではありませんか?

下記のような症状に1つでも当てはまる方、当院なら改善が目指せます。

  • 膝痛のため、趣味のランニングが出来ない
  • 走って止まる時、『ガクッ!』と音がして膝が不安定になる
  • ジャンプして着地した際激痛が走る
  • 以前、膝の靭帯を痛め運動後にうずく
  • 階段を走って登れない

膝痛が起きた初期はある程度痛みを我慢できますが、痛みが増してくると膝の曲げ伸ばしに支障をきたし、重症化すると歩くこともままならなくなってきます。

あなたがいつも楽しんでいる趣味のスポーツにも支障をきたし、パフォーマンスUPが出来なくなってしまいます。
そうならない為に、痛みが出てきた初期の段階で施術をして、痛みを最小限に抑えましょう。

膝痛の原因は、膝関節の異常はもちろんなのですが、その他の身体の部位に負担がかかってしまい膝関節に痛みが出ていることが多いです。

外反母趾、股関節のズレ、慢性的な腰痛による膝への負担、歩き方の問題、普段の姿勢が悪く膝に負担がかかってしまったり、その他にも沢山の問題が重なって痛みが出てきます。

その問題を、当院では身体全体をみて的確にポイントを捉えて施術を進めてまいります。

膝が痛いのにその他の部位に対して施術する事もあります。腰にテープを貼ったり、頚にテープを貼ったり、足首にテープを貼ったり、その他の部位に鍼お灸を据える事も沢山あります。

局所だけ施術してもなかなか改善しない事が多く、身体全体を見た方が膝痛が早く良くなります。

全体を見て施術することであなたの身体を健康に導きます。

膝痛が良くなった方はこのような質のいい生活を手に入れています。

  • マラソンの練習も膝の違和感が無く快適に練習出来た
  • 階段の昇り降りが痛み無く出来た
  • 全力疾走しても不安が無く動けた
  • 正座してもしっかり曲げることが出来た
  • 夜間の膝の疼きも無くゆっくり眠れた

当院の膝痛施術の特徴

特徴1
痛みの原因を詳しく検査します。

当院では初回来院時はもちろん次回施術の際もスパイラル専用機械でその日の状態を検査していきます。
そこで浮き彫りになった所を施術して、1回では良くならないので時間をかけて施術を進めていきます。

無理に患部に対して動かすことはいたしませんのでご安心ください。

膝の施術の際は、タイトな長ズボンやスカートではなく、動きやすい服装の方が施術しやすくなります。
(お着替え用の短パンをご用意していますのでご安心ください)

特徴2
強い刺激を加えず身体のバランスを整えて施術を進めていきます。

スパイラルテープによる施術は、痛い所に電気をあて、マッサージをするような事は一切いたしません。
身体のバランスを整える事で痛みを軽くするようにしていきます。

施術の際に気になる事があればいつでも仰ってください。

特徴3
鍼・灸施術とスパイラルテープによる施術を組み合わせてあなたに最適な方法で進めていきます。

当院では、あなたの身体に負担が少なく筋肉のバランスを整える事が出来る「スパイラルテープ」による施術と、鍼とお灸の施術を組み合わせて施術を進めていきます。
そうすることであなたの訴える痛みやお悩みを早期に解決できるよう取り組んでいきます。

スパイラルテープ施術、鍼施術、灸施術

特徴4
痛みが良くなると、体操や、痛みを繰り返さない予防法のアドバイスをいたします。

来院初期と比べて痛みが良くなると、徐々にご自宅などで出来る体操や、痛みを繰り返さないように指導を行います。
その時に無理して動かすのではなく、ゆっくり動かしながら行うのが大切です。
焦らず進めて行きましょう。

施術の流れ

お問い合わせからサービス提供開始までの流れをご説明いたします。

STEP
お問い合わせ
  1. お電話 電話: 072-807-3301
  2. メール
    (ご予約・お問い合わせフォームのページはこちらです)
  3. LINE
  4. オンライン相談

の4種類があります。

お気軽にお問い合わせください。

「はい、大田鍼灸接骨院です」とお答えしますので、本日の体の状態や、今現在の体のお悩みをお伝えください。
次に、ご来院の予約希望日程をお伝えください。「ホームページを見て予約しました」とお伝えください。丁寧に応対させていただきます。
お電話の場合はその場で空いている時間をお伝えします。

予約日時になりましたら直接当院にお越しください。

例)「5/9 15:00からの予約は出来ますか?」とお問い合わせください。

STEP
ご来院・カウンセリング

最初にカウンセリングシートに記入をしていただきます。

お客さまとの対話を重視することがモットーです。
お客さまのお話にじっくりと耳を傾け、時間をかけて丁寧にヒアリングいたします。

今までの痛くなった経緯をお伝えください。

カウンセリングをしっかり行うことが、あなたと当院が納得しながら施術をするための重要なポイントですので、些細なことでもお伝えください。

あなたの症状をよくするのに大切な要素が隠れていることがありますので、気になることがありましたらご相談ください。

STEP
検査

先程のカウンセリングをもとに基本検査をしていきます。

スパイラルテーピング専用機器(スパイラルOT-105)で基本検査をしていきます。

この検査は全く痛みは有りませんからご安心ください。

STEP
説明(施術前)

先程のカウンセリングと基本検査で判明したことを、ご説明いたします。

  • 基本検査の結果からの施術計画の話
  • 通院回数などの話
  • 症状が良くなるための運動や食事の話

スパイラルテーピングについての話など資料を用いて、できるだけ簡単な言葉を使って丁寧にご説明いたします。

わかりにくいことがあれば、遠慮なくご質問ください。

STEP
施術開始

施術は私がすべて担当します。

基本検査の数字と徒手検査をもとに施術を行います。

例えば、腰が痛いのに腰以外の所に施術をすることもあります。

もちろん、痛い部位に直接施術することもあります。

その際は出来るだけ丁寧に分かりやすくお伝えしますので不安に感じたらすぐにお伝え下さい。

STEP
説明(施術後)

スパイラルテーピングによる施術をさせていただいた後、その結果どうなったかをご説明します。

施術後の注意事項や簡単に出来るホームケアのお話もしていきます。

STEP
お会計・次回予約

次回の通院日や通院間隔など、分からない事があればお気軽に聞いてください。

施術計画もお伝えしますので、次回の来院日をここで決めていただき終了です。

膝痛を放置しておくと怖いホントの理由

膝痛を放置すると身体のバランスが崩れてしまい、膝関節はもちろん、股関節や腰部、足関節、頚部など様々な部位に痛みが波及していきます。

変形性膝関節症、半月板損傷、靱帯損傷などその他の様々なケガをそのまま放置すると、普段の日常生活でも歩くことがままならなくなって少しの段差でも気にするようになってきます。
転倒しやすくなり、転倒した時に膝関節以外の場所もケガしやすくなりますので、安易に膝痛を放置すると大変な事になります。

靱帯損傷が酷い場合や半月板損傷が激しい場合で軟部組織にダメージが大きいと、手術適応の可能性もあります。

この事を踏まえて、膝の痛みが慢性的になって来た時は早いうちに施術をした方がいいです。

痛みに対して当院では対応出来ない場合もあります。
その際は、適切な病院に受診をオススメいたします。それから当院での施術を進めても遅くはありません。先に病院で見てもらってから施術した方が当院もあなたも安心して施術に入れますよね?

膝の痛みにお悩みの方は是非一度ご相談下さい。

あわせて読みたい
正座が出来るようになった!40代女性左膝関節痛の症例
正座が出来るようになった!40代女性左膝関節痛の症例【来院の経緯】仕事は、大型ホームセンターにある資材売り場で働いており重い材料の積み込み作業をしている時左膝関節に痛みが出てきて、その翌日から左膝関節が曲げる...

施術コース

施術料金
5,000

当整骨院は初回のカウンセリング料金は一切頂きません。

クレジットカード、電子マネー等につきましては、現在準備中です。
現金でのお支払いは可能です。

膝痛施術でよくあるご質問

どれくらい通院すると良くなりますか?

目安は下記をご覧ください。

  • 軽症……5回~10回
  • 中症……10回~15回
  • 重症……15回~

回数はあくまでも目安です。

必ず良くなると断言は出来ません。

あなたがこの症状に対して「本気で良くしよう!」という気持ちが大切です。
その気持ちに応えるため、全力で対応します。

しかし、症状の変化が無いときは、速やかに適切な医療機関に紹介いたします。

諦めずに施術していきましょう。

腫れがひどく動かすのも痛いのですが施術は出来ますか?

大丈夫です。適切な施術計画をたてていきます。

しかし当院で対応出来ない症状の時や、痛みが長く続く状態になると速やかに適切な病院にご紹介しますのでご安心ください。

鍼、スパイラルテープの施術は痛いですか?

痛くありません。

痛みを感じにくいように施術し、髪の毛ほどの細さの鍼を使用します
スパイラルテープの施術も痛くありませんのでご安心ください。

仕事や部活帰りに施術を受けたいのですが、着替えはありますか?

はい。お着替え(短パン)を用意しております。

  • 男性:S・M・L・LLサイズ
  • 女性:S・M・Lサイズ

がありますのでご安心ください。

最後に院長から

膝の痛みは2足歩行をしている人間が誰しも1回はどこかで経験する痛みで、その原因は多岐に渡ります。
半月板や靭帯、関節の袋の腫れや筋肉の損傷あるいは、骨折や脱臼による外傷性の痛み、関節リウマチによる痛み等、数えきれない程の痛みの原因があります。

当院では、その痛みの原因を詳しくお話しをお聞きして皆様と一緒に良くなるように寄り添って施術を進めて行きます。

時間はかかっても諦めず、途中でしんどくなることがあってもしっかりサポートしていきますので、不安な時は、お気軽にご相談ください。

院長 大田慎二