スマホ・パソコンでお家から無料相談!オンライン相談受付中!

保育士さんによくあるお悩み解消法!

保育士さんというと、女性のお仕事というイメージをされる方が多いですが男性の保育士さんも沢山いらっしゃいます。その他にも看護師さんも男性の職員さんが沢山活躍されています。

今回は、保育士さんのよくあるお悩み解消法について書いていきます!

目次

やはり腰痛が多い傾向にあります!

小さいお子さんを相手にするお仕事ですので、視線が低くなり姿勢を低くする時間が多いので腰に負担がかかり腰痛を訴える保育士さんが沢山います。

お子さんを抱っこしたりおんぶしたり姿勢を低くして手をつないだりして身体を丸くしたり、保育園の備品がほとんど、お子さんに合わせていることが多く、小さいお子さんのサイズのため、椅子や机が低い物が多く、その椅子も先生方も同じように使用する事がありますので、低い姿勢になる事が多く低い姿勢から立ち上がることが多いので腰に負担がかかりやすくなり腰痛が多くなるのもおのずとうなずけます。

抱っこをする時も腰に負担が多くなりお子さんの全体重を支える訳ですから腰にも、腕にも、肩関節やその他の部位にも負担がかかってきます。

腰痛が酷くなると、脊柱管狭窄症、腰椎椎間板ヘルニア、などその他の激痛を伴う腰痛にもなりかねませんので充分な注意が必要になってきます。

膝関節痛も多いです!

膝関節痛も多い傾向にあります。

小さいお子さんの視線に合わせる事が多いので、膝を曲げて姿勢を低くしてお仕事をされることが比較的多くなるために膝関節に負担がかかり痛みが出やすいです。

低い椅子に座って立ち上がるときに膝を曲げた状態から伸ばす際に負荷がかかり「ギクッ!」と関節の中で音がして半月板や軟骨を痛めてしまいます。

また、膝をつくことが多くなりズボンの膝の所がすり減りやすく、膝の黒ずみになる事も多いと言われています。

その他にも、打撲や捻挫、転倒をして膝を痛めてしまうことも沢山あります。

首から肩関節・背中にかけても多いです

前屈姿勢が多くなるので背中が丸くなり、首が前にいき猫背になってしまいがちです。

その為に首や肩こりが多くなる事が多いです。

抱っこをする事も多いので、肩関節にも負担がかかりやすく、肩関節周囲炎、五十肩、四十肩、頸肩腕症候群など、その他にも様々な痛みにつながってくる事もあり注意が必要です。

痛みの予防法!

腰痛の予防としては、仕事前に少し汗が出るくらいストレッチ体操をして下さい。

そうすることで身体の筋肉が働いて、身体が動きやすくなります。

腰のベルト(コルセット)などを使用するのもオススメです。

腰をしっかり固定すると窮屈にはなりますが、腰が安定するのでオススメです。

急性的に痛みが出てギックリ腰になった時は仕方ないですがそればっかりに頼ることが無いようにしていき、痛みが引いてきたらコルセットを外していかないと今度は、腰回りの筋肉がついてこないので筋肉をつけるようにしないといけません。痛みが引いたときはコルセットを外して筋肉トレーニングが大切です。

 平日はお仕事で疲れていて、休日は自宅から1歩も外に出ないで家で寝てしまうことがある方は、天気がいい日は散歩にでも出かけて下さい。

そうしないと、日々の仕事のストレス等が溜まり精神衛生上良くないので気持ちをリフレッシュするために是非やってもらいたいです。それだけ気持ちがリセット出来て、腰痛はもちろん肩こり等、その他の身体のお悩みにも効果が期待出来ます!

腰痛の原因は精神的な要素も関わりがありますので1回でもいいので休日にゆっくり気持ちを落ち着かせてお散歩に出かけてみてはいかがでしょうか?

日々の日常生活でも、急に思い物を持ち上げないようにしたり、学生時代は部活で活躍できたから今でも全然大丈夫!と思い込んで思い切り動いた後に腕が上がらなくなったり頚が回らなくなったりする事がまれにあり、私もよく昔を思い出して動くとよくあります(笑)

運動する前にはしっかり準備体操しましょう!

あなたが、この記事を見て下さり上記の内容を一つでもいいので実践してもらえたら幸いです。最後まで読んで下さってありがとうございました。

よかったらシェアしてください
目次
閉じる