スマホ・パソコンでお家から無料相談!オンライン相談受付中!

動体視力について

動体視力は、動いているものを確認出来る視力で、反対に止まっている状態で視力を検査する静止視力があります。

よく、駅のホームで電車が通り過ぎる時、電車に乗っているお客さんが何をしているか分かるとよく、聞いたことがありますよね。(動体視力)

視力検査でC型の記号(ランドルト環)自分の視力を検査する静止視力があります。

スポーツにおいては、動体視力もトレーニングすることもトレーニングの一環に取り入れてみてはいかがですか?

野球でピッチャーがボールを投げてきて、そのボールは100㎞以上のボールをバットで打ち返しストレートや、カーブしたり、落ちたりするボールを打ち返さないとヒットは打てませんよね!テニスでも、200㎞以上のサーブを打ち返して対戦相手とラリーを繰り返さないといけませんよね!

このようなアスリートの世界で活躍する選手はとてつもなく動体視力がよく、素晴らしい結果を残す為日々のトレーニングに取り組んでいます。

動体視力とは、動いているものを確認出来る視力で、反対に止まっている状態で視力を検査する静止視力があります。

よく、駅のホームで電車が通り過ぎる時、電車に乗っているお客さんが何をしているか分かるとよく、聞いたことがありますよね。(動体視力)視力検査で自分の視力を検査する静止視力があります。

スポーツにおいては、動体視力もトレーニングするのもトレーニングの一環に取り入れてみてはいかがですか?

目次

簡単なトレーニング方法!

両方の人差し指を約30㎝ほど前に出し左右に動かし、その人差し指を両目でしっかりと見る、さっきの状態のまま片一方の人差し指をそのままにして、もう片方は離していき、その離していった指を見るようにします。(1日5~10分程度を毎日繰り返していくと徐々に効果が出てきます)

電車に乗っているときも窓の外の看板を見て文字を読んだり、速読をしたり、運転中も動体視力が無いと安全運転が出来ないので、しっかり全体をみるようにして注意が必要です。

よかったらシェアしてください
目次
閉じる