スマホ・パソコンでお家から無料相談!オンライン相談受付中!

東洋医学での「心」の作用について

前回のブログで「五行・ごぎょう」についてのお話しをしました。

そこで、その内容をもう少し掘り下げて、五臓六腑についての作用をお話しする事で五行のお話しと共通しますのでこのページでも書いていきます。

五行学説について書いたページはこちらをご覧下さい。

あわせて読みたい
「五行・ごぎょう」について
「五行・ごぎょう」について五行学説とは「宇宙間の全てのものはすべて木・火・土・金・水という5種類の物質の物質と運動の変化」により成り立っています。という東洋医学の考え方で基本的な内容にな...
目次

心の主な生理作用

  • 血脈を主る
  • 神志を主る

血脈を主る

血脈は、血液が通る通路になり「心は血脈を主る」とは、血液を推動して脈中に運行させ身体各部を滋養するという心の機能を説明したものです。

この作用は心気の作用により行われていて、心気が旺盛であれば血液は上手く脈管中を運行し、血液を全身に回すことが出来ます。

逆に心気が弱くなったら、血液の推動が弱くなり、顔色が悪くなり、脈が細弱になり、この状態が続くと血行障害を起こすこともあります。

心は神志を主る

 心は神志を主るというのは、心に精神・意識・思惟活動を主宰する働きがあります。

心の作用での「神」というのは、人体の生命活動の外的な現れを指しています。

人体の形象および顔色・目・言葉の返答などは「神」の働きにはいります。

また、精神・意識・思惟活動についても心の働きに関係しています。

 心の機能が正常であれば、意識がしっかりして活動も活発になります。

精神、意識活動の異常は心の機能失調が考えられ、不眠や気持ちが落ち着かなくなりうわごとを言ったりすることもあります。

心は神志を主る事と、心は血脈を主るという働きは分ける事が出来ません。

血液は神志活動を担う基礎物質で、血脈を主る働きが低下してしまうと神志での変化が起こりやすくなります。

心と五行の関係

汗は心の液

津液が陽気の作用を受けて汗孔からでた液体が汗になります。

汗は津液から化生したもので血と津液は源を同じくしている。汗をかくことは心の機能を表しているため、「汗は心の液」といわれています。

喜は心の志

 喜は心の志とは、心の生理機能と精神活動の「喜」との関係を表しています。

五志の項目の中で心と志共通しており、五志は外界からうける印象よりおこる情緒の変化でですが、情緒の変化は五臓の生理機能により生じます。

体は脈に合し、華は顔にある

 脈とは血脈のことで、心は「脈に合し」とは、全身の血脈の機能が心に帰属していることをいったものです。華とは色、光沢のことで「華は顔にある」とは心の状態が顔に出てきます。顔の色、光沢の変化から分かることを説明しています。

心の状態がいいと顔の血色が良くなり、状態が悪くなると青白くなってきます。

心は舌に開竅する

 舌は心の状態を反映します。舌には味覚の鑑別と言語を発するという2種類の働きがあります。心の「血脈を主る」と「神志を主る」機能と関係に注目します。
心の生理機能に異常が生じると味覚と言語障害、血脈、に対する働きに異常が生じます。

 心包(しんぽう)について

 心包は心臓の外側を包んでいる膜で、心臓を保護する作用があります。

心包は病魔が心に侵入する場合には、心包は心臓を保護する作用があると考え、
まず心包が病むことになります。

あわせて読みたい
東洋医学での「肺」の作用について
東洋医学での「肺」の作用について気を主り、呼吸を主る宣発と粛降を主る通調水道百脈を朝め、治節を主る気を主り、呼吸を主る 肺には「一身の気」を主る作用と呼吸を主る作用があります。肺の作用の...
あわせて読みたい
東洋医学での「脾」の作用について
東洋医学での「脾」の作用について【脾の主な生理作用】運化を主る 運化とは水穀(飲食物)を精微と化し、全身に拡散する生理作用のことです。水穀の運化と水液の運化の2種類あります。水穀の運化食...
あわせて読みたい
東洋医学での「肝」の作用について
東洋医学での「肝」の作用について疎泄を主る蔵血を主る【肝の作用について】疎泄を主る 肝は疎泄を主るとは、肝気が全身の気機を調整しそれによって精血津液の運行や脾胃の運化促進、胆汁の分泌や...
あわせて読みたい
東洋医学での「腎」の作用について
東洋医学での「腎」の作用について腎の生理機能蔵精、発育と生殖を主る水を主る納気を主る蔵精を主り、成長・発育・生殖を主る 蔵精とは、この精気を貯める(貯蔵)することで腎の生理機能を指して...
よかったらシェアしてください
目次
閉じる