スマホ・パソコンでお家から無料相談!オンライン相談受付中!

東洋医学での「肺」の作用について

  • 気を主り、呼吸を主る
  • 宣発と粛降を主る
  • 通調水道
  • 百脈を朝め、治節を主る

気を主り、呼吸を主る

 肺には「一身の気」を主る作用と呼吸を主る作用があります。

肺の作用の第1に気の生成、特に宗気の生成があります。

肺の生理作用が宗気に直接影響し、全身の気の生成にも影響します。

 宣発と粛降を主る

 宣発とは、広く発散し行き渡らせる働きのことです。

粛降とは、肺気が下に通降し、呼吸道の清潔を保持する作用のことをいいます。

 宣発の作用が不調になると、粛降の作用が低下してしまい、粛降の作用が低下すると宣発の作用が低下してしまいます。

宣発と粛降の作用が正常であれば、気道は通利し正常な呼吸が行われます。

反対にお互いの作用が低下すると喘息や咳が出やすくなります。

通調水道の作用

 通とは疎通という意味です。調とは 調節という意味です。

水道とは 体の水液を運行・排泄する通路であり肺の宣発と粛降の作用は協力して体内における水液の輸送・排泄を疎通・調節しています。

 肺気宣発機能が低下すると浮腫みや汗をかきにくくなります。これは肺の通調水道の作用が失調しておこる症状です。

百脈を朝め、治節を主る

  「朝」には集合という意味があり、全身の経脈は肺に集まる。

そのために、肺は百脈または全身の血と脈は心が統括しているが、血の運行は気の推動機能に依存しており、血は気の昇降運動により全身に運行しています。

人体における血液の運行もまた、この肺気の輸送と調節に依存しています。

 治節を主るという言葉の「治節」とはどのようなことかと言いますと

治節には管理・調節という意味があり

  • 呼吸を調整
  • 気の昇降出入を調整
  • 血液運行の推動・調整
  • 肺の宣発・粛降により津液の輸布、運行と排泄を管理・調整

このような意味合いがあります。

涕(てい・はなみず)は肺の液

 肺の作用が正常な場合は鼻涕は鼻を潤し外には漏れないようになっています。

肺寒の時は、水様の時は鼻水が流れ、肺熱の時は色が濃くて黄色い鼻水が流れます。

肺が乾燥したときは、鼻が乾きやすくなってきます。

肺は鼻に開竅する

鼻と喉はお互いに通じていて、肺に連絡している。

鼻と喉は呼吸の門戸とおいわれている。

嗅覚や喉による発声は、肺気の作用によるものです。外邪は肺に侵入する場合には、鼻や喉から侵入しやすく、肺の病変には、鼻づまり、鼻汁・くしゃみ・喉のかゆみなどの鼻や喉の証候が現れやすくなります。

あわせて読みたい
東洋医学での「心」の作用について
東洋医学での「心」の作用について前回のブログで「五行・ごぎょう」についてのお話しをしました。そこで、その内容をもう少し掘り下げて、五臓六腑についての作用をお話しする事で五行のお話しと共通しま...
あわせて読みたい
東洋医学での「脾」の作用について
東洋医学での「脾」の作用について【脾の主な生理作用】運化を主る 運化とは水穀(飲食物)を精微と化し、全身に拡散する生理作用のことです。水穀の運化と水液の運化の2種類あります。水穀の運化食...
あわせて読みたい
東洋医学での「肝」の作用について
東洋医学での「肝」の作用について疎泄を主る蔵血を主る【肝の作用について】疎泄を主る 肝は疎泄を主るとは、肝気が全身の気機を調整しそれによって精血津液の運行や脾胃の運化促進、胆汁の分泌や...
あわせて読みたい
東洋医学での「腎」の作用について
東洋医学での「腎」の作用について腎の生理機能蔵精、発育と生殖を主る水を主る納気を主る蔵精を主り、成長・発育・生殖を主る 蔵精とは、この精気を貯める(貯蔵)することで腎の生理機能を指して...

(針灸学基礎編第三版を引用しました)

よかったらシェアしてください
目次
閉じる