スマホ・パソコンでお家から無料相談!オンライン相談受付中!

東洋医学での「脾」の作用について

目次

脾の主な生理作用

運化を主る

 運化とは水穀(飲食物)を精微と化し、全身に拡散する生理作用のことです。

水穀の運化水液の運化の2種類あります。

水穀の運化

食べ物を消化吸収する作用のことです。

食べ物の消化吸収は胃・小腸との共同作業により行われる。

胃と小腸の消化吸収は、脾の運化機能に依存しており、それにより飲食物を水穀の精微に変化させることができる。

脾の輸布と散精により、水穀の精微は全身に送られる。

脾の運化機能が正常であれば、全身に栄養を送ることができます。

脾の運化機能が異常をきたすと、食欲不振、倦怠感、やせたり、気血生化不足になる事があります。

水液の運化

 水液の吸収と輸布の作用を指しています。

吸収した水液は肺と腎に送られ、肺と腎の気化作用により汗・尿となり体外に排泄されます。

この働きが正常であれば、水液は体内に停滞する事無く正常に働きます。

異常がきたすと、体の中に水液が溜まり、水腫がみられることがあります。

 昇清を主る

 昇というのは、上昇する意味で、清とは食べ物などの栄養物質のことです。

昇清とは食べ物の精微、栄養物質を吸収し、心・肺・顔面へ上り、心・肺で気血を化生し

栄養物質を全身に送る事を言います。

脾の働きが正常な状態であると脾気の上昇が内臓の下垂を防止しています。

脾気が低下してしまうと、食べ物が正常に運化せず、精神疲労、無気力、めまい、などになりやすくなります。

脾気がさらに低下してしまうと、内臓の下垂も起きやすくなってきます。

統血を主る

 統血とは血が脈中をいきわたるように導き、血が脈外にあふれ出て行くのを防ぐ働きのことです。脾の統血作用が低下すると、出血しやすくなり、血便・血尿・などが起こり、脾の統血機能の失調のためおこります。

脾と五行の関係

思は脾の志

 思とは思考のことであり精神・意識・思惟活動の1つであります。

正常に思考するときは脾に影響をあたえないですが、思考が行き過ぎた時は、思ったことが実現出来ないとストレスを受けやすくなります。

涎は脾の液

 涎とは唾液中の清い液のことです。

涎は口を潤し、保護する働きもあります。

食をとると涎が分泌し嚥下と消化を助けるます。脾の働きが正常であれば、涎は口の外に出ませんが、脾と胃の働きが低下したら唾液の分泌が増えて、口から涎があふれ出るようになってきます。

このことから、涎は脾の液と言われています。

 体は肌肉に合し四肢を主る

 脾胃は気血生化の源であります。

体の肌肉が健康であるか否かは、脾の運化機能と関係があり、それに障害があると肌肉がやせ、軟弱で無力となることもあります。

 四肢も脾の運化機能により生成された水穀の精微・津液の栄養を必要としておりそれにより正常な生理活動を維持しています。

脾の運化機能が低下すると、倦怠感、無力感、四肢の萎縮も起こってきます。

 口に開竅、華は唇にある

 脾は口に開竅するとは、味覚と脾の密接な関係をいったもので、味覚は脾の運化機能と関係があります。

脾の運化機能が正常であれば食欲は増進します。

脾が正常な運化が出来なくなると、味覚に障害が出て、食欲も低下してきます。

 口唇の色や光沢は全身の気血の充実度と関係があります。

口唇の色沢が赤く潤っているかどうかにより全身の状況がわかります、口唇は脾の運化機能の状態も反映している。

あわせて読みたい
東洋医学での「心」の作用について
東洋医学での「心」の作用について前回のブログで「五行・ごぎょう」についてのお話しをしました。そこで、その内容をもう少し掘り下げて、五臓六腑についての作用をお話しする事で五行のお話しと共通しま...
あわせて読みたい
東洋医学での「肺」の作用について
東洋医学での「肺」の作用について気を主り、呼吸を主る宣発と粛降を主る通調水道百脈を朝め、治節を主る気を主り、呼吸を主る 肺には「一身の気」を主る作用と呼吸を主る作用があります。肺の作用の...
あわせて読みたい
東洋医学での「肝」の作用について
東洋医学での「肝」の作用について疎泄を主る蔵血を主る【肝の作用について】疎泄を主る 肝は疎泄を主るとは、肝気が全身の気機を調整しそれによって精血津液の運行や脾胃の運化促進、胆汁の分泌や...
あわせて読みたい
東洋医学での「腎」の作用について
東洋医学での「腎」の作用について腎の生理機能蔵精、発育と生殖を主る水を主る納気を主る蔵精を主り、成長・発育・生殖を主る 蔵精とは、この精気を貯める(貯蔵)することで腎の生理機能を指して...

(針灸学基礎編第三版を引用しました)

よかったらシェアしてください
目次
閉じる