スマホ・パソコンでお家から無料相談!オンライン相談受付中!

東洋医学のツボ?って何?

東洋医学でのツボというのは経絡や経穴などと非常に関係します。

本日はツボについての考え方についてお話しと東洋医学的に施術をする際のからだの捉え方や、施術を受けるときに注意事項などをお話ししていきます。

目次

経穴と経絡の違いはあるの?

経絡の経とは経脈を意味し、絡とは経脈と経脈をつないで連絡するものや経脈以外の細い脈という意味です。

 経脈には基本的には身体を走行しているのは12種類ありその他に8つあります。

経絡とは、東洋医学では、からだの表面には、五臓六腑を循環するエネルギーの道筋のことを経絡といいます。

これは、からだの皮膚表面と内臓を結ぶネットワークシステムです。

 経絡には、強い反応点である経穴がありこれを一般的にツボと呼んでいます。

このツボに対して鍼灸施術を行うことにより経絡のエネルギーの循環をよくしようというのが鍼灸施術の目的です。このポイントが実症なのか虚症なのかが重要になってきます。

実の場合は沈めるために適切な身体のポイントを見極めてそのポイントに対して鍼灸施術をしてあげるとエネルギーの流れがよくなり効率よく身体の中の気・血・水のエネルギーが循環していきます。

虚の場合は実症の時と反対にエネルギーが不足している状態です。

身体のエネルギーが弱いために沈んでいる状態です。そのエネルギーを補うためには適切な身体のポイントを見極めてそのポイントに対して鍼灸施術をしてあげるとエネルギーの流れがよくなり身体の中の気・血・水のエネルギーが循環していきます。

このようにしながら鍼灸施術を行いあなたの今お悩みの症状をしっかり聞きながら「鍼をしたらいいのか?」「お灸をしたらいいのか?」などを見極めながら施術をすすめていきます。

東洋医学では病気そのものを治すのでは無く、あなたの持っている自然治癒力を引き出すことが出来る施術方法です!

私も、この考え方については不思議な気持ちになりますが鍼灸施術にはこれから先の何年も続く未来に対しても充分期待が持てる施術方法の一つです。

 経絡やツボは、現代医学では説明出来ませんが、東洋医学の長い歴史のなかで、からだの皮膚表面への刺激と内臓の反応を細かく観察しその経験の積み重ねを体系化したものとして国際的に認知されつつあります。

WHO世界保険機関においても鍼灸施術の有効性についても認められています。

鍼灸施術をするのをオススメ出来ない時もあります。

急性感染症・高熱がある時・身体が極度に弱っているとき(熱中症・低体温症、急性心臓疾患などその他対応出来ない疾患は沢山あります)は鍼灸施術をオススメできません。

東洋医学の施術が全て効果的ではありません。

現代医学的に適切な処置、重傷な時には手術適応の疾患もありますので現代医学の施術の有効性を忘れてはいけません。

また、お酒を沢山飲んで酩酊状態で千鳥足になりながら鍼灸施術を行うのもオススメ出来ません。そのような状態で鍼を打つとからだの血行がよくなりすぎてあまりいい状態にならないからオススメ出来ません。

通院されるときは、お酒を飲んでいない状態で鍼灸施術を受けることをオススメします。

よかったらシェアしてください
目次
閉じる