スマホ・パソコンでお家から無料相談!オンライン相談受付中!

深呼吸していますか?

本日は呼吸についてのお話です。呼吸を意識してみたことはりますか?

朝一番にベットから起きて、窓をあけて新鮮な空気を吸ってしっかり深呼吸が出来たら朝から元気が出ませんか?

そのような元気な1日を目指していきましょう!

目次

深呼吸って大切!

呼吸は、空気中の酸素を吸って二酸化炭素を出す事を繰り返していきます。

そして、深い呼吸や浅い呼吸を繰り返していきます。

空気を吸うときは外肋間筋と横隔膜の2つの筋肉を使います。

「スペアリブ」と「サガリ」です。これらの筋肉が収縮すると胸の容積が広がりそれにつられて肺が広がり気管支を通って肺の中に空気がはいります。

空気を出すとき(呼気)は横隔膜と外肋間筋の緊張が無くなり肺に入った空気が押し出される仕組みで呼吸をしています。

深呼吸は空気を吸うときに横隔膜と外肋間筋がしっかり働いて沢山の空気を吸い込むことになります。

そうすると、何が起こるかと言いますと、筋肉の筋緊張の度合いが強くなり、そこから緊張状態が緩和されることにより、リラックスする事が出来ます。

仕事やスポーツをして朝からしっかり頑張って夜までかかりようやく試合や仕事が終わった時「ハァ~やっと終わった~」って「ホッ」とため息をついたり、美味しいコーヒーを一口飲んだとき「ホッ」としませんか?さっきまでの緊張状態からようやく解放された瞬間ですよね!

そこで深呼吸出来たら身体がリラックス出来て「また明日から頑張ろ!」ってなりますよね!

深呼吸やってみると?

鼻からしっかり空気を吸ってお腹にしばらく空気を貯めて、そこからゆっくり息を吐くようにする。

これを3~5回、5~7回朝の空気が澄んでいる時に行うと、なんだか身体がスッキリして眠気が無くなってきます。

しかし、ポイントがありまして、先に空気を吐く事が大切です。

身体に入っている空気を「ハァー」って出来るだけ吐き出して、そこから鼻から思い切り空気を吸うことで臍下丹田(おへその下、下腹部)に空気が入ると体が安定すると言われています。

それを実行することで、普段運動をされているあなたのパフォーマンスUPが期待出来ます。

もちろん、普段の練習の積み重ねがあって大切な試合の時に落ち着いて深呼吸ができたら

リラックスして試合に取り組めます。あなたも、是非一度「深呼吸」について考えてみて下さい。

まとめ

  • 深呼吸はリラックス効果が期待出来る
  • 夕方の仕事終わりに「ホット」一息
  • 深呼吸は先に息を出す事も意識して!
  • 深呼吸でリラックスして試合に望んでみて下さい!
よかったらシェアしてください
目次
閉じる